SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:kindle

Kindle Storeにて現在、集英社コミック 期間限定 無料お試しキャンペーンという企画を行っており、9月1日までの期間限定で対象コミックが無料で読めるようです。


kindle




無料で読めるコミックは、「GANTZ」の1巻~6巻、「ときめきトゥナイト」「クローバー」の各1巻~5巻。


3つのコミックとも読めるのは全巻じゃないですけど、6巻、5巻ぐらいまで無料で読めればかなり時間を潰せますね。


無料で読める期間が9月1日の23:59までで、9月2日以降は電子書籍をダウンロードしていても読めなくなるようなので、未だ上記漫画を読んでない方はKindle Storeに急げ~!





人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中国は大嫌いだけれども三国志は好きだって方、多いかと思います。

1173299906

私も三国志は好きで、大学進学で岡山に来た際、NHKの夕方の番組で三国志が再放送されてて、当時友達もほとんどいなかったので学校から帰ってくると毎日三国志を見てハマってました。


そんな三国志がKindleで読めるとあって、久しぶりに三国志の世界に浸かりたくなってポチってみました。


三国志 1巻三国志 1巻
著者:吉川英治
販売元:ゴマブックス株式会社
(2013-01-01)
販売元:Amazon.co.jp

三国志 2巻三国志 2巻
著者:吉川英治
販売元:ゴマブックス株式会社
(2013-01-01)
販売元:Amazon.co.jp


Kindleでは現在、4巻まで販売されているようですが、とりあえず今のところ2巻まで読み現在3巻目を読んでおります。


1巻は桃園の誓いから黄巾の乱までで、2巻は暴政董卓と、董卓を討つために各地から集った武将との火花を散らす戦いのお話まで。

特に猛将呂布の戦いっぷりがとてもリアルに描かれていて、読んでて当時の時代に引き込まれるような感じで時間を忘れて一気に読めました。


1巻を読みきるとすぐさま2巻が読みたくなる。
こういう時でKindleってホント便利ですよね。
クリック1つで本がダウンロード出来るんですから( *´艸`)



ただ、残念なところが2点あって、
1点は表紙に「知の巨人 渡部昇一氏による書き下ろし解説付き!」って書いてる割には解説が最終3ページ程度しかない事。
難しい表現の多い三国志の正解を歴史初心者の人向けにやさしく解説してくれてるのかと思ったのですが全然違うんですね( *´艸`)


2点目は2巻・3巻・4巻の金額が1巻より50円高い事。
吉川英治の三国志は確か著作権が切れてるかと思いますが、1巻が100円に対して2巻・3巻・4巻が150円ってのがちょっと納得いかんなー

5巻・6巻と続くにつれて金額が上がるとかってないよね??



この三国志、読んでて人が斬殺や毒殺で大量且つ簡単に殺されてしまう怖い世界が描かれていますが、ゲームや横山光輝の漫画で三国志に慣れ親しんでる方であれば必ずやハマると思うので、未だ吉川英治の小説三国志を読んだこと無い方は是非、チェックしてみて下さい。


超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

05

Kindle PaperWhiteを購入してから今までほとんど読書なんてしなかった私ですが今ではすっかり読書にハマっております。

そんな読書初心者の私が今月読んだ本をチラっとご紹介します。


今日はこの本!


知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)知らないと恥をかく世界の大問題 (角川SSC新書)
著者:池上 彰
販売元:角川SSコミュニケーションズ
(2009-11)
販売元:Amazon.co.jp

年末の衆議院総選挙から正月番組まで出まくってた著者の池上さん。
この人をTVで見ない日は無いだろうと思うぐらい年末年始はTV番組に出まくってましたが、私 あまりこの人のTV番組を見た事がないんですよねぇ

98407de1b3a69b0a6724a8339c91eeeb968bbf10

政治とか経済とか難し過ぎて、TV見ててもすぐ飽きてしまうので政治経済関係のテレビやニュースは見ないんですが、この池上さんの本がKindle Storeで500円以下で売られていて、Kindleベストセラー上位の方にランキングされてたのでポチっとしてみました。
(Kindle Storeで購入した時は457円でしたが、今Amazonで見ると571円に値上がりしているようですね)


読んでみての感想ですが、
まずこの本、約3年ちょっと前の2009年11月に発刊された本だったのですね。
私、知らずに読んでて中盤ぐらいで「あれ?これ情報古いぞ?」と気付いた次第です ^^;

3年ちょっと前というと、日本では政権交代で自民党政権から民主党政権になったばっかりで、本中にも鳩山首相に期待する池上さんの気持ちがあちこちに書かれてて、
「フフフ、3年後こんな結果になってるなんてさすがの池上さんも予想出来んかったんだな、フフフ」
とニヤリとする部分もあり、別の意味で面白いところもあります。


全体を通して感じた事は、さすがTVに引っ張りダコの池上さん、政治経済がまるで駄目な私でも分かりやすく書かれててとても読みやすかったです。


・リーマンショックは世界恐慌?
・中国はどうして猛スピードで経済発展していくのか?
・強烈な身分制度のあるインドで何故IT産業が伸びているのか?

無知な私はこの本読んで何故なのか始めて知りましたわ。


↑で書いた通り、3年ちょっと前に発刊された本なので、若干政治経済面で若干情報が古い部分もありますが、今読んでみても面白い部分も多々ありますので、私のように政治経済苦手な方は入門書として一度読んでみて下さい。





超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ