SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:Kindle

個人的にドハマリだった前作の「金色天化」。

参考:【Amazon Primeで映画も小説も無料】「金色天化」読了 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51955098.html
続編を早く読みたかったんだけど、時間がある時に読みたかったので我慢しておりました。
そしてお盆休み後半が時間がたっぷりあったので2日間で一気に読んじゃいましたよ。


今回読んだのは「金色天化」の続編である「天化爛漫」。

天化爛漫 (新潟文楽工房)[Kindle版]

ヤマダ マコト 新潟文楽工房 2017-10-20
売り上げランキング : 1229
by ヨメレバ

前作から半年後の出来事で、本作は卜部3兄弟の長女である綾乃にスポットが当たった作品。


ネタバレになっちゃうので詳細は書かないけど、今作は2時間サスペンスドラマを見ているような気分になっちゃうストーリーに感じました。

また前作同様に新潟県が舞台なんだけど、Google Mapとストリートビューで予習しまくったから行った事無いのにメッチャ新潟に詳しくなったよ( *´艸`)


海外生活が長い綾乃が何故長期間自宅に滞在してたのか?疑問に思うところがいくつかあったんだけど、次回作で分かるのかな?


個人的には前作と比較すると小粒感はあるんだけど、それでも後半からはドキドキする展開もあったりして時間を忘れて読めちゃいます。


前作の「金色天化」を読んでなくても本作は物語として概ね独立していて、単体でも楽しめるんだけど、前作を読んでから本作を読むのがオススメかな。


Kindleで320円(今日時点)で読めるんだから天化爛漫、こちらもオススメですよ!



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

お盆休みも残すところ今日を含めてあと2日。
連休前半は帰省してたのでそこそこ予定あったんだけど、9連休もあると暇な時間も多々ある理由でして。

Kindleで無料で読める本はないかと探しこの本を読んでみました。

仕事が速い人はどんなメールを書いているのか[Kindle版]

平野友朗 文響社 2017-03-24
売り上げランキング : 11
by ヨメレバ


私、ビジネス本が苦手でして、この手の本って読んでると同じ事を長々と書いてると感じちゃうんですよね。

なので読もうかどうか悩んだんだけど、仕事柄 毎日数十通のメールを処理するので参考になればと思い読んでみました。


タイトルの通り、仕事の早い人のメールの書き方や処理方法について詳細に書かれているこの本。
仕事の早い人のメールの書き方以外にもダメなメールの書き方例も書かれてて、仕事でイラッとする人を思い出しニヤリとしちゃいました( *´艸`)

ここ最近ではSlackやTeamsといったビジネスチャットツールを使用する会社も増えてきたので、ビジネスチャットツールも含めたコミュニケーションの方法ってのも個人的には盛り込んで欲しかったかな。

またこの本、ブログを書くうえでも参考になるなと思いました。


お盆休み期間中にこの手の本を読むと仕事の事を思い出し若干憂鬱にはなりましたが・・・

職業柄メールの読み書きが多い方は読んでみてはいかがでしょうか。
普段、本を読まない方でもページ数も少なく読みやすい本なので1日で読み切れちゃいますよ。




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ここ最近、本を読むのが楽しいと感じ始めた私。

今までは仕事終わり自宅に帰ると晩飯食べながら晩酌しそのまま泥酔して寝てしまうグダグダ生活を送ってたんだけど、最近ではお酒呑むのを止めて読書するぐらい超健康的な生活をしております。

そんな健康生活を送っている中で須川邦彦の「無人島に生きる十六人」を読みましたよ。


無人島に生きる十六人[Kindle版]

須川邦彦 オリオンブックス 2013-11-22
売り上げランキング : 61
by ヨメレバ


明治時代の終わりの明治31年に太平洋上で座礁した日本の帆船の乗組員の物語で、漂着した小さな無人島での生活を詳細に記した実話を元にした物語。


ネタバレになってしまうので物語については書きませんが、個人的には物語にもう少し展開があるのかと思ったら普通に終わってしまったので少々拍子抜けしましたが・・・
まぁ実話に基づいたお話なんだからこんなものなんでしょうかね。
あくまで個人的な感想ですがもう一捻り、二捻り欲しかったです。


ただ実話を元にしているだけあって無人島での生活描写はとても克明に書かれていて、16人という大人数で無人島長期間生活する為のノウハウや規律・連帯感といったところは先日の西日本豪雨での避難所生活とどこか重なるところを感じてとても印象に残りました。

また明治時代の人の実直さも感じる事が出来ますね。


ペース数も少なく一気に読めちゃうこの本。
Amazon Prime会員であれば無料で読めますよ〜( *´艸`)



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ