SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:HUAWEI

突然ですが、この度 急遽スマートフォンを新たに購入する事になりまして、HUAWEIのP20 liteを購入しました。

2018-09-24_11-06-45

事情についてはTwitterにも書いてたんだけど、

家族会議の結果 我が家で契約しているIIJmioのファミリーシェアプランにSIMを1枚追加し、私が使っているスマートフォンをプレゼントする事になりまして。
棚ぼた的に新スマホゲットです( *´艸`)


ただし、相方からは
購入するのは安い機種にして下さい。
決してiPhone XS MAXなんて買わないで下さい!!

と言われてましたのでAmazonで適当にお安いAndroid端末を探してたところでP20 liteを見つけた訳でして。


お値段、液晶保護フィルムとケースも合わせて26,000円。
スクリーンショット_2018-09-24_11_09_19
Amazonのポイントが1,000ポイントほどあったので実質購入金額は約25,000円でした。

HUAWEI P20 lite 【OCNモバイルONE SIM付】 (音声・SMS・データ共通SIM ブラック)
by カエレバ

届いた商品はこちら。
IMG_20180922_184834

今回gooSimsellerのOCNモバイルONE SIM付きのP20 liteを購入したんだけど、SIMはIIJmioを使う予定なのでこれは要りませんね。
IMG_20180922_184834
gooSimsellerさんスミマセン!


では早速P20 lite開封ですが、私 速攻で液晶保護フィルムを貼りたい派なので開封と同時に保護フィルムを貼りましていざ実機ドーン

IMG_20180922_184834IMG_20180922_184834
おぉ〜!
いいねぇ〜P20 lite


P20 liteになって一番の特徴はこのデュアルカメラ。
2018-09-24 11.07.442018-09-24 11.07.44
HUAWEI P20 liteのダブルレンズカメラの イメージセンサーのピクセルサイズ1.12μm、F値2.2の約1600万画素のレンズは、より多くの光を取り込みながら、奥行きも読み取る設計。
いつでもすぐに鮮明な写真が撮れます。 組み合わされた約200万画素のレンズが、プロフェッショナルなボケ味を出す。
2つレンズの組み合わせにより、被写体と背景を正確にとらえて美しい写真の撮影を可能にしました。
まだカメラは使ってないから、これからP20 liteで色々と写真撮ってみて改めてレビューしてみようと思うんだけど、初のダブルレンズカメラだからワクワクしますね。

そして気になる事といえばもう一つ、液晶の切り欠きの部分とインカメラ・センサー類。
P1050755スクリーンショット 2018-09-24 11.38.50
自撮りはしないのでフロントカメラはあまり興味ないんだけど、インカメラの画素数が1600万画素とはP20 lite凄いですね。
しかもP20 liteには画面を見るだけで0.8秒で認識する顔認証機能が付いているんだとか。
スペックだけ見てる限りでは2万円のスマホとは思えないぐらい機能盛り沢山ですね。

ちなみに今まで使用していたHUAWEI novaとP20 liteのサイズを比較してみるとこんな感じ。
2018-09-24_11_03_42P1050754
P20 liteは幅:71mm×縦:149mm×厚さ:7.4mm 重さ:145g
novaは幅:69.1mm×縦:141.2mm×厚さ:7.1mm 重さ:146g
縦幅がP20 liteの方が8mmほど長いんだけど、ディスプレイサイズはnovaが5インチでP20 liteが5.84インチとかなり違ってます。

かなり縦長になったなぁ〜


ちなみに横幅や厚みも若干P20 liteが大きいんだけど、比べてみるとほぼ同じですね。
2018-09-24_11_04_432018-09-24_11_04_372018-09-24_11_04_17


って事で購入してまだ半日ほどしか使ってないP20 liteなんだけど、半日使って分かった事が2つありまして、

1つ目は顔認証が超便利!
iPhone Xを使っている方なら「何を今更言ってるんだ」と言われそうだけど、HUAWEIのサイトに書いてた0.8秒での顔認識は本当で、しかも精度も超高く今の所認証失敗は一度もありません。

個人的に乾燥肌&手荒れが酷いので指紋認証がほとんど使えなかったので顔認証が出来るだけで買う価値有りだと思います。


2つ目はディスプレイサイズが大きくなって超便利!
P20 liteの縦長液晶のお陰で画面の情報量が増えたのはWebサイトをチェックするのにもTwitterやfacebook、LINEといったSNSチェックするのにも効率が確実に上がって便利ですね。

ちなみにP20 liteとnovaの画面情報量を比べるとこんな感じ。
Screenshot_20180924-104858Screenshot_20180924-104904
左がP20 liteで、右がnova

Yahoo!Japanのモバイルサイトで比較するとこんな感じ。
Screenshot_20180924-104816Screenshot_20180924-104829
こちらも同じく左がP20 liteで、右がnova
どうです?情報量の違いが一目瞭然でしょう。

今回はWebサイトでの画面比較しかしてないけど、Twitterだとタイムラインに表示される情報量は明らかに違うし、Kindleアプリで読書しててもページをめくる回数も減るのでディスプレイの大きいスマートフォンはやっぱりいいですね。


と、HUAWEI P20 liteの開封と半日使用レビューでしたが如何でしたでしょうか。

まだ使い込んでないので操作感やカメラ性能など試せてない事が沢山ありますが、半日使っただけで驚くコスパの高さを感じるP20 lite。

HUAWEIって今後のスマートフォン市場の台風の目になりそうですね。




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

HUAWEIの一部スマートフォンがAndroid8.0にアップデートするようですね。

スクリーンショット 2018-07-21 11.38.47
参考:ファーウェイのnova liteとP10 liteがAndroid 8.0にバージョンアップ - ケータイ Watch
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1134008.html

今回のOSのアップデートはHUAWEI nova liteとHUAWEI P10 liteで行われるようで、昨日7月20日から順次配信され、1ヶ月中には上記の全ての端末にアップデータが配布されるんだとか。


おぉ〜、とうとう私のnovaにアップデートが降って来るのか。



ん?


今回のOSのアップデートはHUAWEI nova liteとHUAWEI P10 liteで行われる

えぇ〜!
私の使用しているnovaはOSアップデートされず、nova liteが先にアップデートされるの!?

メッチャワクワクしてたのに・・・
残念 orz


思えば過去に使用してきたFREETEL雷神、ASUSのZenFone2とOSアップデートが一度も降って来なかったので、かれこれ3年・4年近くはOSアップデートを体験していない私。
うぁ〜ん、OSアップデートいつ体験出来るのでしょうか。

HUAWEIさん、novaもAndroid8.0にアップデート是非よろしくお願いしますね。




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨年末にスマートフォンをHUAWEI novaに機種変更してから通知関係が全く来なくなったPebble Time。

2018-04-30 14.42.54
参考:【Pebble time】購入して1週間使ってみました : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51883106.html
HUAWEI独自のバッテリーマネジメントのせいなのか分からないんだけど、Pebble側の設定を何度やっても通知が来なくてこの半年ほどただの時計としか使っておりませんでした。

まぁ仕事やらプライベートが忙しくてじっくりと設定を見直す時間が今まで無かったんだけど、ようやく時間が出来たので色々と調べ何とか通知が来るようになったので、HUAWEI novaでPebbleを使う場合の設定方法をチラっと書いてみます。


HUAWEIでもnova以外の機種の事は知らないんだけど、novaはバッテリー管理がかなりしっかりされているので、スリープ時には驚くほど電池の消費量が少ないんだけど、反面各アプリの起動を殺しまくっているようですね。

そのお陰でPebbleアプリが終了してしまって通知が来ないって事になっているようです。

なので、ここではスリープ時でもアプリを終了させない設定をしていきます。



設定方法は2つ


今回、私が行った設定は2つで、
一つ目は画面ロック時にPebbleアプリが終了する設定をOFFにすること。
二つ目はバッテリー最適化の対象からPebbleアプリを外すこと。
この2つの設定を行ってみました。

じゃあ実際にやってみましょうか。


まずは画面ロック時にPebbleアプリが終了する設定をOFFにする設定から。

「設定」から「アプリ」を選択し、「Pebble」をタップ。
「電源情報」をタップして↓にある「画面ロック時に閉じる」をOFFにします。
2018-04-30_02-11-56
この設定をすると画面ロックになってもアプリを終了する事がなくなりますね。


次にバッテリー最適化の対象からPebbleアプリを外す設定。

「設定」から「アプリ」をタップし↓にある歯車マークの「設定」をタップ。
2018-04-30_02-14-55

次に「特別なアクセス」をタップすると↓の画面になるので、「バッテリー最適化を無視」をタップ。
2018-04-30_02-16-03

タップするとPebbleアプリが「許可しない」になっているので「許可」をタップしOKボタンをタップ。
2018-04-30_02-18-32

このバッテリー最適化を無視にPebbleを許可するのがPebbleで通知を受けるポイントのようで、この設定をした後はちゃんとPebbleに通知が来るようになりました。


今回はPebbleで設定をしてみたんですが、Pebble以外のアプリでもこの設定は有効ですので、HUAWEI novaシリーズを使用されている方で常時起動させておきたいアプリがあれば今回の設定をやってみて下さい。


しかし、長年愛用してきたPebbleも6月末でサポート終了しちゃうからボチボチ他のスマートウォッチに乗り換えを考えないといかんなぁ( *´艸`)

参考:Fitbit、Pebbleのサポート期限を2018年6月末まで延長。Ionicへ乗換えなら50ドル割引特典を用意 - Engadget 日本版
https://japanese.engadget.com/2018/01/25/fitbit-pebble-2018-6-ionic-50/


人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ