SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:2003-2004

バスの車内で初めて会う女の子達とバスの通路越しに会話をして盛り上がり、ゲレンデ外でもヤル気全開になるという素晴らしい企画の「あいのりバスツアー」。

メンバーノリヲの発案により昨シーズンにバスを貸し切って行ったんですが、結果は見事に期待を裏切ってみんな爆睡状態で、もちろん出会いなどありませんでした(笑)

そんなバスツアーの時期が今シーズンもやってきました!

「あいのりバスツアー Part2 in 瑞穂ハイランド」

ただ「あいのり」と言っても出会いなどは全くありません(笑)
今回はオイラ、ノリヲ、ヤスの勤める会社(3人共、同じ会社の同僚なんです)のスキー・スノーボードが好きな人とダッチ率いる香川からの遠征メンバー、後は知らない人のごちゃ混ぜで、総勢50人ほどの人数でバスを貸し切って行ってきました。


5:00 岡山からの20人ほどバスに乗り込み出発!
5:30 倉敷市水島から20人ほど乗り込み、6:00 倉敷から残りの10人ほど乗り込んで、いざゲレンデへ


旅行会社企画のバスツアーとは違いこちらでバスを貸し切っているので愛煙家のオイラにはタバコが吸えるのが嬉しい^^
(となりのノリヲはかなり嫌な顔してましたが^^;)


今シーズン全て雪山へは運転手をしているオイラには少し狭いけど、くつろぎながらゲレンデまで運んでくれるバスにはご満悦^^
朝からモーニングコーヒーならぬモーニングビールを360ml×3本空けて上機嫌*^^*
いや~朝からビール飲めるなんて久しぶりだねっ!


今回はバスツアーなのでどこから雪が積もり出していたのかは全く分からなかったんですが、道中の高速道路で冬用タイヤ規制が出て車にチェーンを巻く姿もチラホラ見かけました。


9:30 瑞穂ハイランドに到着
到着後、早速着替えて駐車場でみんなを待つ事に。
う~ん、やっぱり大勢で来ると自分勝手な行動は出来ないからゲレンデに早く行きたいけど・・・

駐車場で軽くウォーミングアップをしながら待つ事30分、
みんな集まったので早速リフト券を買う事に。

10:30という中途半端な時間でしたが、仕方なく5,500円のバカ高い1日券を購入。(この出費はマジ痛い!)
ノリヲはスーパー午後券(AM11:00~ラストまで滑れるリフト券)を購入する予定だったんですが、
スタッフ:「スーパー午後券は11時ちょっと前からの発売になります。」
あ~ノリヲ君残念!
しかし諦めないノリヲは粘る!
ノリヲ:「ゴンドラ待ちしていたら11時過ぎるんじゃないですか?スーパー午後券お願いしますよ!」
スタッフ:「だからっ!コンピューターの都合でお売り出来ません!(軽く怒)」
ノリヲ:「仕方ないなぁ・・・」
結局は1日券を購入したノリヲだけど恐るべし貧乏パワー!!かなりの粘りでした(笑)

(スーパー午後券は11時ちょっと前から発売らしいです)

みんなで1日券を購入して早速、ゴンドラ待ちに。


【瑞穂ハイランドコースマップ】


昨シーズン、瑞穂に来た際は2時間のゴンドラ待ちで滑る前からヤル気をなくしてしまって、あまり良いイメージのない瑞穂ですが、今回は30分ほどのゴンドラ待ちでした。
(その後、ゴンドラ待ちはかなり少なくなっていきました)
eb8d4366.jpg


30分待って狭い4人乗りゴンドラに乗ってゲレンデ上部に到着。
「ゲッ!人メチャメチャ多いじゃん!」
備北エリアでもっぱら活動しているオイラ達にはゴンドラから降りて最初に見えるビーチコースを見て人口密度の高さにビックリ!
これは前回の瑞穂以上の混み具合ですワ^^;
eb8d4366.jpg


ただ雪はかなりたっぷりあり、雪化粧した木々を見て「これ中国地方!?」と思ってしまうぐらい幻想的は風景でした。
(瑞穂って想像以上に積雪量が多くてちょっとビックリ!)
IMG_3267


とりあえず足ならしに10分待ちのリフトに乗り込んでビーチコースで滑る事に。

「・・・」

人口密度高過ぎっ!!
コースのあちらこちらでクラッシュの光景を見かけてしまいました^^;


ビーチコースで2本滑って人の多さに嫌気がさしてお隣のスカイラインコースに行く事に。

多少混雑しているスカイラインコースでしたがビーチほどではなく
斜度もオイラ的にはいい感じで気持ちいい!
雪質も硬くもなくいい感じで、コース端にはパウダーが残っておりバッチリの状態^^

スカイラインコースで2本滑ってふと後ろを見るとあれ??
最初に20人ほどで滑っていたのに気が付けばヤスしかいないじゃないですか。
あれれ?みんなどこいったの??

まぁ広いゲレンデと言っても50人の大人数で来ているのだから
いつか誰かに会うだろうと思いヤスと2人で滑る事に。


オイラもヤスもキッカーやレールには多少興味はあるんですが、なかなかド素人にはハードルの高いパークには足を踏み込めず唯一、人がほとんどいないクロスコースに初チャレンジ!
おおっ!こりゃ楽しい!!
周りからはヘッポコな滑り&ジャンプに見えているかもしれませんが
こちらは必死に滑り、必死に飛んでかなりご満悦♪
情けない滑りながらも5回チャレンジしてみました^^
eb8d4366.jpg


途中、ダッチに遭遇して長~いチェスナットコースを一緒に滑り他の参加者を探すが見当たらない・・・
こりゃ完全にはぐれてしまった・・・

仕方なくヤスと一緒にゴンドラ待ちがかなり少なくなったのでチェスナットコースを3本滑りお昼休憩。
本日のお昼は900円のビーフカレーです。
金額的にはまぁスキー場なんでこんなものだとは思いますが、花○山や道○山のモロレトルトカレーではないのでお味はなかなか良かったです^^


お昼休憩を早めに終わらせて再び参加者を探す事に。

実はオイラ、前日に家の近所で久しぶりにジョギングをしていたのですが、久しぶりに走ったせいで下半身がかなりの筋肉痛状態で、そんな状態のまま長~いチェスナットコース3本も滑れば午前中で下半身は完全に逝ってしまいました^^;
eb8d4366.jpgeb8d4366.jpg


そんな半死状態の下半身と戦いながらもバスツアー参加者を探す事に。


ビーチ・・・誰もいない。コースは激混み!
ビックモーニング・・・ここもいない。若干混んでます。
リトルモーニング・・・ここにもいない。コース中央で転倒者多数でまともに滑れません><
スカイライン・・・やっぱりここにもいない。一番人は少なくまともに滑れる唯一のコース。
チェスナット・・・やっと発見!?あれっ!?ノリヲのウエアーに似ているけど人違い^^;。人は少ないがコースも狭いので・・・

あちらこちらコースを巡りましたが全く探し出せませんでした><
eb8d4366.jpgeb8d4366.jpg



結局、最後のチェスナットの下山途中にノリヲを発見するが時遅し・・・
う~ん。ノリヲの目立つウエアーでも発見出来ないとは恐るべし瑞穂ハイランド!

16:45 バスに戻りみんなに話を聞いてみると、ほとんどの人がはぐれてしまって1人or2人で滑りながらみんなを探していたとか(笑)
やっぱりみんな考えは同じなんだね^^

17:00 瑞穂ハイランドを出発
帰りの車中も美味しいビールを食らって爆睡して
21:30 岡山に到着。

帰りに近所の居酒屋でヤスと一緒に飲み直し
滑りとビールに溺れた1日でした^^;


ゲレンデ写真の通りたっぷりの雪の恵まれて最高のコンディションだった瑞穂でしたが、さすがに中国地方のトップゲレンデはかなり人が多くゲレンデ人口密度も高過ぎで、スキーヤー・ボーダーのクラッシュ現場を何度も見てしまいました。
長いコースは楽しいけど、個人的にはもうちょっとコース幅広げて欲しいなぁ~
後、リフト料金もね^^


最後に、参加されたメンバー&参加者のみなさんお疲れ様でした♪
また懲りずに来シーズンも参加して下さいね^^




BEATCLUBの今日の順位をチェック!【ブログランキング】
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

みなさんは自分のホームゲレンデってありますか?

オイラ達BEATCLUBのホームはもちろん備北エリアだけど、実はサークルを結成する前はオイラ、津黒高原がホームゲレンデだったのです。


スノーボードを初めて間もない頃だった学生時代、当時付き合っていた彼女と一緒にボロボロの車にスタッドレスタイヤ履かせてよく行ってました^^
また社会人になってからも軽四並に小さく、頻繁に故障していた外車でもよく行きました^^

そんな津黒高原もそれなりに滑れるようになった3・4年前あたりから次第に足を運ぶ回数が減り、昨シーズンは結局、1度も足を運ばず。


そんな思い出深い津黒高原に今回出撃です!
金欠に悩むメンバーをおいて今回は単身1人旅。
(実は単身で行くのって初めてなんです^^)


6:00 岡山市内を出発!
国道429号に入り加茂川、旭町を通り落合町に向かい落合町からは国道313号(ロマンチック街道)をひたすら北上。
313号までの国道は凍結も全くありませんでしたが、
中和村から津黒高原までの道は至る所が凍結しており、車のお尻をフリフリ状態になりながらも7:45 津黒高原スキー場に到着(早いっ!)



駐車場に到着してまず感想。

え~、駐車場には車が一台も止まっておりません!

もちろん人の気配もありません!
IMG_3221


昨年末に猫山まで行きながらナイター営業をやっていなくて泣く泣く帰った苦い思いがあり「今回もまたか!?」とちょっと冷や汗^^;


センタ-ハウスには電気はついているのですが駐車場からセンターハウスまで少し歩かないといけないので、とりあえず車の中から津黒高原スキー場にTELしてみる事に。
津黒スタッフ:「はい。津黒高原スキー場です」
Taka:「あの~今日は営業してますか?」
津黒スタッフ:「はい?もうすぐリフト運行開始ですよ」
・・・まぁ土日に休業するスキー場なんてないですよね^^;

以前は土・日・祝日は駐車料金を取られていたが今は無料になったのだろうか?
とりあえず駐車場の一番手前に止めて速攻着替えてゲレンデに向かう事に。


8:00 リフトは動いているのに人は誰もいない寂しいゲレンデです^^
早速、センターハウスの中でリフト券を購入しようとセンターハウスの中に入るとスタッフのおっちゃん達10人ぐらいが暖炉の前でくつろいでました(笑)
IMG_3226


「おお。本日、1番目のお客さんだ。さあ仕事だ」
どうやらオイラ、一番乗りみたいです^^


1日券を購入して早速、リフトに乗り込む。
もちろんコースには誰もいませんしリフトからセンターハウスを見下ろしても誰もいません(笑)
eb8d4366.jpg


リフトを降りて早速滑る事に。
eb8d4366.jpg

本日のお天気は曇り。
また雪質はここ数日暖かい日が続いていたのでガッチガチのアイスバーンと思っていたのですが、意外にも10cm程度の重めパウダーでした^^


う~ん。やっぱり人がいないって気持ちいいです!
こんな調子で誰もいない貸切状態のゲレンデを5本ほど堪能しちゃいました^^
IMG_3237


津黒高原をしらない方へチョコットガイド。
津黒高原スキー場のコースは主に「上級者用コース」と「中・初級者用コース」の2つです。
IMG_3247
こちらが上級者コース

またリフトはペアリフト1基、シングルリフト1基の計2基。
100%自然雪に頼るので積雪の少ない時は上級者コースは地肌が見えて滑る事は出来ませんが、超ローカルなゲレンデなのでリフト待ちはほぼ無く、岡山からも2時間ほどで行けるので練習にはもってこいのゲレンデです。


2つのコース共に滑走距離が短いので、リフトに乗って滑って降りてくるのにちょうど5分程度。
滑っては降りてきてまたリフトに乗ってまた降りて・・・
はやりコースが単調なので飽きてきます^^;


9:00頃から人がポツポツと現れ始め(それでもかなり少ない)たので本日のメインテーマであるフェイキーマスターの猛練習をする事に。


慣れない事を練習するのにこのガラガラゲレンデは最適で1時間ほど練習してそこそこ出来るようになりました^^
(もっと練習すれば良かったのですが、飽き性な者で^^;)

IMG_3239
この日は近所のチビッコ達のスキースクールがあったみたいでチビッコ達がたくさんいましたが、それでもゲレンデ内はかなり人が少なく午前中は寂しいゲレンデでした。


人も少ないしボーダーも少ないからちょっと飛んでみようかな~

ビビリ屋のオイラにちょうど適度なサイズのポコジャンを発見して今度はなんちゃってエアの練習♪
10回ほど飛んでみて大怪我をする事もなくこんな物かな?っとチョッピリ納得^^

11:30 ちょっと疲れたので少し早めのお昼タイム。
今回は単身なので食堂で一人でご飯を食べるのも寂しいので、駐車場に戻り自炊セットで車の中でTV見ながらラーメン&おにぎりを食べる事に。
普段はメンバーと一緒に行くので寂しいって事を感じた事は無いのですが、
やっぱり一人は飯を食べるのも寂しいです ><


13:00 午後からの部スタートです。
さすがに午後からは人が増えてましたけどそれでもリフト待ちは数列。
コース内は終始人が少ない状況でした。
eb8d4366.jpg


ただ、雪が午前と比べるとかなり重くなり、緩斜面では止まってしまう状況に。
う~ん。これじゃエアの練習は出来ないな~。


重い雪に泣かされながら結局、5本ほど滑って
14:00過ぎに終了。


午前中のガラガラゲレンデでかなり滑りこんだので
早い上がりでもかなり下半身がお疲れ状態でした^^;


この日の夜はちょっと用事があり15:00頃の切り上げを予定していたのですが、早めの切り上げでちょっと寄り道をして帰る事に。
寄り道先は「湯原温泉」です。


津黒高原から数キロ離れたところにある湯原温泉はちょうど岡山に帰る道中にあり、津黒高原で滑った後のアフター温泉には最適なんです。
もちろん目指すはダム下の露天風呂です。
IMG_3254




IMG_3253
15:30 湯原温泉到着。
ダム下の露天風呂は温泉に入らないで見ているだけのギャラリーが多かったんですが、お構いないしにフリチンでテクテク歩いて露天風呂に。

「ああ~気持ちいい!極楽極楽♪」
スノーボードで疲れた体を癒すのには最高♪
温泉入りながらお酒飲んだら最高なんだろうなぁ・・・
今回はそのまま帰るのでお酒はやめておきます^^;

湯原温泉の露天風呂は男女混浴で、もちろん水着の着用はNG。
元々町民に開放していた露天風呂だったらしいんですが、今ではみんなに開放されていて料金は無料です。

露天風呂に入っていたのは20人ぐらいですかね~
地元のオッチャン達もいましたが、意外と女の子やカップルも数組いました。

20分ほどお風呂につかってそろそろ出ようかな~

そう思っていた時に前にいたカップルが出るところだったのでこのカップルが出た後で出ようと思いカップルが出るのを待ってました。
その時、男の子が岩場で足を滑らせて風呂に転落!
一緒に手を繋いでいた女の子までも連られて転落!!

ああっ!!

女の子が体に巻いていたバスタオルが下半身までずり落ちてオッ○イまる見えでした!
え~、もちろん目の前の出来事でしたのでオイラは一部始終見ておりました(笑)

そんなちょっとした嬉しいハプニングもありましたが、
久しぶりの津黒高原はチョッピリ懐かしく、また充実した一日でした^^

なかなか行く機会はありませんが、また気が向いたら原点回帰で津黒高原に行ってみたいと思います^^




BEATCLUBの今日の順位をチェック!【ブログランキング】
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【前回の続き】

前日の道後山で見事に風邪を引いてしまったオイラ。
道後山同行メンバーとは新見市内でお別れして一人、新見のポプラでダウン!

「うぅ…、このままじゃ明日は絶対に滑れないや」

推測では39℃オーバーの熱が出ていたと思うんですが、このままじゃいけないと思いコンビニ弁当を買って食べる事に。

パクパクモグモグ♪
高熱でも弁当を全て平らげてしまいました^^v


しかし弁当を平らげても風邪はもちろん治らず、朦朧とする意識の中で翌日一緒に滑る予定の「だっち号」を待つ事に。


21:00 新見千屋温泉でゆっくり温泉につかって来ただっちと今回一緒に同行する「みのねーさん」の2人に合流。

だっち:「どしたん?元気なさそうやな」
Taka:「う~~、風邪でダウンしていたよ」
だっち:「そうかぁ。。ほなぁ花見山の駐車場に行って宴会して元気だそうや!」
Taka:「・・・」

分かってはいましたが、コイツ宴会をかなりやりたいみたいだ^^;


とりあえずオイラとだっち号の2台で神郷町経由で花見山に向かう事に。

ここ数日の寒波の影響で神郷町辺りから道路は雪で真っ白状態になっていました。

21:30 花見山駐車場に到着。
誰もいないだろうと思っていたのですが、既に車は4台ほど止まっており先客がいました^^

だっち:「よっしゃ!宴会や!!」

駐車場に到着するやいなや、車のシートを宴会仕様のシートに変えて早速宴会モードに突入のだっちさんです^^
風邪で苦しむオイラもとりあえずだっち号の車に乗ってビールで乾杯。

だっち:「早速カラオケ行くで!」
先週、カラオケキットを車に搭載したとは聞いておりましたが・・・ホントにやってます(笑)
まさにだっちの車は動くスナック状態です!



大音量で歌い出すだっちに周りの先客の方々もビックリ!
Taka:「おいおい、人がいるんだし夜だから今日はやめようぜ^^;」
だっち:「そうか・・・」
オープン初日のカラオケスナック「だっち号」も1曲で終了です・・・

23:00 少し早めですがオイラは自分の車に戻り就寝。
この時、既に雪は降っておりました。


6:30 車をコンコンとノックする音で目覚めふと起きる。
あ~駐車場のおっさんが駐車料金の徴収に来たんだな。
財布から500円出しておっさんにお金を渡すと、
「ん?真っ白!?」

おおっ!辺り一面真っ白だっ!!
eb8d4366.jpg

隣の車を見ると30cm以上は車に積もっているではありませんか!
これは興奮してもう眠れないぞ!!


隣のだっち号で寝ていた2人も起きてきて大雪に少し興奮状態。
こりゃ今日は超楽しい事になるぞっ!
(この時、既に風邪の事はすっかり忘れていました^^;)

車の中で軽くストレッチをしながら自分の今日の体調はまずまず良好と判断。
よし!今日は大丈夫!!行ける!!
7:30 着替えを済まして早速、センターハウスへ。
昨日の夜から降り続いている雪は止む事もなくどんどんと積もっていっている状態。


リフト運行前から既にパウダーを一番に味わおうと既にリフト待ちの短い列まで出来ておりました。
IMG_3176


オイラ達もリフト運行直後に乗り込む事に!
リフトから見る景色は一面深い雪に覆われた木々やコース、センターハウスとチョッピリ幻想的。
eb8d4366.jpg


リフトから降りて早速バインディングを着けようとするのですが、腰上パウダーの為に足が埋まってしまって着けれません!
eb8d4366.jpg

こりゃ~嬉しい事だ^^


悪戦苦闘しながらなんとかバインディングを着けて早速、1本!
てか、コース全面パウダー過ぎて滑れません!
コースを圧雪はしているのでしょうが大雪の為に圧雪しても全く意味ナシ状態!
おまけにゴーグルは曇るわ、口に雪がどんどん入って来るわでこれじゃいくらパウダーでも辛いっす! ><
eb8d4366.jpg

eb8d4366.jpg


昨日の疲れも残っているせいか、2本滑って足がガクガクになりちょっと休憩^^;
止む事のない大雪にさすがのオイラもちょっとこれは困った。
仕方ない、スペアーのクリアゴーグルにチェンジしようか。


ゴーグルを変えて再度チャレンジ!
クリアゴーグルで若干は視界は良いけどそれでもこのパウダーはちょっと厳しいな。
ターンもうまくきれなければスピードも出ないではありませんか。
IMG_3186


予想以上のパウダーに悪戦苦闘しながら3本滑ってまた休憩^^;
この頃からお客さんは次第に増えてきました。


人が増えればコース内を滑る人も多くなりコース内のパウダーも幾分かは無くなる。
そう考えて長めの休憩の後、再度チャレンジ!

う~ん。やっぱり!
人が増えたお陰で少しは滑りやすくなった^^
ただ林間コースなどはまだまだパウダーが残っているな。
eb8d4366.jpg


3本、4本と滑るうちに人は徐々に増えて来て 10:00 には花見山では珍しいリフト待ちが出来ているじゃありませんか!
寒波の影響?それとも本日大会をしているいぶきの里のお客さんがこっちに流れて来たの?
よく分からないけどリフト待ち大嫌いのオイラにはちょっと辛い・・・


ここで一人黙々と練習していたみのねーさんと合流して仕方なくリフト待ちの全くない初心者用のリフトに乗って滑る事に。
eb8d4366.jpgeb8d4366.jpg

せっかくのパウダーなのでちょっとフェイキーの練習をしてましたが・・・
マスターには当分時間がかかりそうです^^;


6本ほど短い初心者コースを滑った後で 12:00 に昼食タイム。
ゲッ!食堂メチャメチャ混んでいるじゃん!
とてもじゃないけどこれじゃ飯にありつけないな・・・

仕方なく車に戻り、たまたま持っていたカップラーメン3つと、いつも車に積んでいる「自炊セット」で本日の昼食を取る事に。
もちろん宴会シートのだっち号にてお食事です。

ラーメン食べてビールを飲めば歌いたくなるだっちさん、昼間の駐車場で10曲ほど熱唱です!
変人だっちには車から漏れるまくっているカラオケ音に反応する人の目は全く気にならないようです(笑)
31
2



ちなみにオイラもビール2本飲んでいい気分になってしまい昼間のゲレンデ駐車場で1曲歌ってしまったのですがこれかなり気持ちいいです!(笑)
でもさすがにオイラは恥ずかしかった^^;


カラオケ熱唱で体力を使い切ってしまっただっちはそのまま爆死。
14:00 爆死のだっちを置いてみのねーさんと一緒に滑る事に。


IMG_3190
午後からはお天気も良くなり午前以上にリフト待ちは長くなっていきましたが、それでもリフト待ちは5分程度。
人に教えるほどのテクニックもないんですが、みのねーさんにアドバイスしながら一緒に滑り、花見山名物のハーフパイプならぬ「ハーフホール」で一緒にヘッポコエアしてました^^


花見山の長いコースを5本ほどゆっくり滑って 16:00 に終了。


時間的都合もあり今回は温泉をパスして総社市内にある「金山焼肉店」でアフター焼肉を楽しんで解散。


今までのスノーボード人生の中では4年ほど前に行った野沢温泉以来の膝上パウダーに悪戦苦闘しましたが、滅多に味わえない膝上ズッポリのパウダーを「備北のダイナ(コースの一部のみ)」こと花見山で味わえるとは思ってもいなかったのでちょっと得した気分でした。


また前日の風邪もパウダーのお陰でしょうか?
家に帰るまですっかり風邪引いている事を忘れてました^^
(家に帰って体温計で計ると38℃熱がありました^^;)
まあ、それほど楽しかったという事で。。。

香川班のだっち&みのねーさんお疲れ様でした♪
また行きましょう!!



BEATCLUBの今日の順位をチェック!【ブログランキング】
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ