SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:豪雪

今シーズン、一度もスノーボードに行くことなく終わった2012-2013シーズン。

スノーボードに行かなければスキー場関連の話題にも疎くなる訳で気付けばシーズンもすっかり終わっちゃってますが、超久しぶりにスキー場関連の話題をお知らせします。



しかもこの時期にスキー場オープンの話題を!!



冗談じゃなく本当にスキー場オープンの話題ですよ!


【日テレ NEWS24 記事より】
山形・月山スキー場、夏に向けオープン準備


 夏スキーで知られる山形県西川町の月山スキー場では、15日のオープンを前に、雪に埋もれたリフト設備を掘り出す作業が急ピッチで進められている。

 月山スキー場は標高1500メートルにあり、天気が良ければ、月山ペアリフト上駅付近から雄大な朝日連峰を見渡すことができる。

 スキー場のリフトの除雪作業は1日から始まった。リフトは全長1キロあり、一日に約200メートルを除雪する。高さ10メートルの鉄柱の半分は雪に埋もれている。このリフトの下を、作業員が幅50メートルにわたり、ブルドーザーやパワーショベルを使って雪を取り除いていく。

 除雪作業は7日まで行われ、スキー場は15日にオープンする予定。

毎年、月山スキー場オープンの話題を取り上げているのでご存知の方も多いかと思いますが、この月山スキー場、豪雪過ぎてハイシーズンは営業出来ず、積雪が減ってくる4月上旬~中旬に毎年オープンしている日本で一番遅くオープンするスキー場でございます。

西日本に住んでいる私達には考えらない事ですが例年、7月頃まで営業する日本で一番シーズン遅くまで営業するスキー場でもあり、全国のスキー・スノーボードジャンキー達が集まる聖地でもあります。


私も一生に一度は行ってみたいと思うのですが・・・
山形県はちょっと遠いですね ^^;


今シーズンも来週月曜日の15日からオープンだそうでたっぷり雪が積もってそうですね。


1シーズンスノーボードをお休みするとスノーボードに対する情熱が若干薄らいでしまった感もあるので昨シーズンの月山スキー場のYouTube動画を見ながらモチベーションアップさせるかな( *´艸`)




来シーズンこそはスノーボード行くぞぉぉ!!!





海外格安航空券ena 【イーナドットトラベル】
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

読売新聞のWeb記事を見ていてたまたまこんな記事を発見しました。

この記事は秋田県の話題なんですが、カメムシが大量発生するとその年の冬は大雪になるって言い伝えは秋田だけでなく、日本中の至るところにあるんでしょうか?


以前、スキー・スノーボードの情報系サイトを運営していた頃、サイトの掲示板に「カメムシが大量発生したらその年の冬は大雪になる」って話題の書き込みがありました。

私は南国高知の産まれなので、雪というものに縁遠く、そういった言い伝えは全く聞いたことが無かったので、掲示板での話題には「へぇー」としか感じなかったのを覚えているのですが、カメムシ大量発生=大雪の言い伝えは岡山、広島のローカルな言い伝えじゃなく全国的な言い伝えなのかもしれませんね。


まぁ科学的な根拠はないようなので「カメムシ大量発生=大雪」はあくまでも言い伝えなのかもしれませんが、こういう記事を見ると大雪を期待したくなりますね。


ただ私の住む倉敷ではカメムシの大量発生の話題はないですし、今年になってカメムシを一度も見ていないような?
って事は岡山ではあまり雪が期待出来ないって事か??


カメムシが大量発生されると臭くてたまらないので大量発生は困りますが、雪は適度に降ってもらいたいものです( *´艸`)



超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【現在の大山鏡ヶ成の様子~ライブカメラ~】
eb8d4366.jpg

いやぁ~これは驚きました!

4月も後半だというのに大山辺りではまだ雪が積もっているのですね。
しかも薄っすらではなく、かなりガッツリ雪が残ってるじゃないですか!!


GW頃まで雪が残っているようであれば子供を連れて雪遊び行ってみようかな?
自分の雪遊び(スノーボード)も持参で…







超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ