SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:日本気象協会

先週に続き今週も台風が接近中の日本。

参考:台風25号、昼過ぎに九州北部最接近か 交通機関に影響:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLB62JQFLB6TIPE003.html?iref=comtop_latestnews_04
先週は台風24号のお陰で子供の運動会が中止。
そして今週も週末に台風がやって来るなんて...
もうね、毎週末に台風やって来るのは勘弁してよ!


2018-10-06_10-30-55
私の住む倉敷は何故か朝からメッチャいい天気なんだけど( *´艸`)


そんな2週連続の台風襲来を受けている列島各地ですが、悪い輩もいるものでこんな迷惑メールが一部で送られているようです。

参考:日本気象協会かたる迷惑メールに注意 「台風は最悪のコースへ」など気象情報装う - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810/05/news090.html
迷惑メールは同協会やtenki.jpからの発信を装い、「台風は最悪のコースへ。
今後の動向にご注意下さい」「この先24時間でお住まいの地域が冠水する危険性があります。
ご注意ください」などの説明と、詳細情報を装ったURLが貼られていたり、添付ファイルがついていたりするとのこと。

今年は西日本豪雨や、台風21号、また大阪や北海道で起きた地震等災害が多発している中で不安を煽り騙そうとするこの迷惑メールは許せないですね。


こんな奴の家こそ台風で吹き飛ばされればいいのに・・・


今年1年生の長女が楽しみにしていた初めての運動会が台風で中止になった事を思い出して朝からイラッとしてついついブログに書いちゃいました。
はぁ〜、3連休初日の朝からちょっと嫌な気分。

皆さんも台風接近中ですので天気予報をチェックしながら備えましょうね。



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

地球温暖化と言われながらここ2年ほど厳しい寒さの冬で、今シーズンも平年よりも気温の低い日々が続いておりますが、昨日 ネットニュースを見ていて気なる記事を発見したのでお知らせします。



以下、記事抜粋
北極海の氷の面積は昨年、過去最小を記録。これが今冬の全国的な寒波や、道内の大雪に影響している可能性が高いという。

通常はシベリア沿岸部を東に移動する低気圧が、氷が少ない年ほど北極点に近い北寄りのルートを進む傾向にあることを発見。氷がなくなったことで地表付近の気温が変化した影響とみられ、その結果、シベリア高気圧が北極域まで張り出して、より強い寒気を南へと押し出していることを確認した。

この記事によると、地球温暖化によって北極海の氷が少なくなり、北極海の氷がすくなくなったことでシベリア高気圧が今までと違った張り出し方をして、強い寒気が何かして日本に襲来しているって事のようですね。


うーん、
スキー・スノーボードが好きな方にとっては寒い冬になってくれる方がシーズンが長くなるので嬉しい事ですが、地球温暖化が厳しい冬をもたらしているってのも何か皮肉なめぐりあわせのような感じがします。



この研究結果が正しいのか?違っているか?は分かりませんが、昨年末に気象庁から発表された向こう3ヶ月の長期予報でも全国的に平年より低い、もしくは平年並の寒さがやってくるようです。


3ヶ月(1月~3月)予報(中国地方)
予想される向こう3ヶ月の天候
向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。
この期間の平均気温は、平年並または低い確率ともに40%です。
山陰の降雪量は、平年並または多い確率ともに40%です。


3ヶ月(1月~3月)予報(四国地方)
予想される向こう3ヶ月の天候
向こう3か月の出現の可能性が最も大きい天候と、特徴のある気温、降水量等の確率は以下のとおりです。
この期間の平均気温は、平年並または低い確率ともに40%です。

中国・四国地方共に平年並、または平年よりも低い気温が続き、中国地方では山陰を中心に降雪量も増えそうとの事。


地球温暖化によって今シーズンも寒くなるようですが、まだまだ積雪量が少ない中国・四国地方の各スキー場に恵みの雪がこれからジャンジャン期待出来そうですね!



超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ