SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:レビュー

昨年末に日本市場に乗り込んできた中国のハイテク企業のXiaomi

スクリーンショット 2020 01 15 08 02 29

そのXiaomiが日本市場参入に合わせてリリースしてきたMi Band4を去年末に購入したので今回レビューしてみます。

2019 12 26 20 16 18





まずは開封の儀

シンプルな箱の中に入ってたのは内容物はコチラ。

2019 12 26 20 18 23

Mi Band本体とバンドと、充電用のUSB アダプター、そしてマニュアルのシンプルな内容物。

Mi Band4って名前の通り4世代目の商品なんだけど、本体自体は前進機のMi Band3とサイズは全く同じなんですね。
実は相方が半年前にMi Band3を使ってたのでサイズ比較してみると全く同じでした。

ということで相方がMi Band3と合わせて購入していた交換用バンドも使えちゃうんですよね。

いやぁ〜良かった♫
使わせて頂きますよ(*´ω`*)


そして充電用のUSBアダプターはこんな感じ。

2020 01 15 08 58 25 2020 01 15 08 58 41
充電する時には本体から交換用バンドを外さないと充電出来ない仕様になっており、本体をバンドから外したり、装着したりするのがちょっと面倒なんですよね...

ただ充電器は非常にコンパクトなので、出張時とかの持ち運びとかにも便利ですね。


Xiaomiと言えば、私 1年半前からスマートウォッチのAmazfit Bipを使っておりまして、
このAmazfit BipもXiaomiの製品なんですね。

参考:【Amazfit Bip】激安スマートウォッチを購入した夢を見ました( *´艸`) : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51950680.html

サイズ比較してみるとこんな感じ。

2020 01 15 08 13 18 2020 01 15 08 12 49 2020 01 15 08 12 43

スマートウォッチとスマートバンドなんでサイズは全然違うけど、時計と違ってシンプルなので女性でも似合うのかななんて思います。

それと、Mi Band4って常時液晶表示されないのでふと時間を見たい時には若干不便。
この辺は常時液晶表示されているAmazfit Bipっていいわぁーって改めて思います。



仕様はこんな感じです

Mi Band4のスペックは以下になります。

  • 重量:22.1g
  • 耐水性:評価5気圧
  • ディスプレイの種類:AMOLED(カラー)
  • 画面のサイズ:0.95インチ
  • 解像度:120 x 240 RGB
  • リストバンド幅:18mm
  • RAM:512KB
  • ROM:16MB
  • センサー:3軸加速度計 + 3軸ジャイロスコープ / PPG心拍センサー / 静電容量式近接センサー
  • ワイヤレス接続:Bluetooth5.0 BLE
  • バッテリー:LiPo, 135mAh
  • 充電タイプ:2Pin Pogo Pin
  • 充電時間:≤ 2時間
  • バッテリー駆動時間:最大20日
  • システム要件:Android 4.4、iOS 9.0以降

前機種まではモノクロ液晶だったのが、Mi Band4よりカラー表示のAMOLEDになったのが一番の特徴ではないでしょうか。

2020 01 15 08 21 062020 01 15 08 21 53

またバッテリー自動時間が最大20日というのもXiaomiのスマートウォッチ/スマートバンドの特徴ですね。
Amazfit Bip使用しているから分かるけど、頻繁に充電しなくて良いのはホント楽なんですよね。





使用してみて感じた良い点

昨年前に到着してから約半月使用しているのですが、半月使ってみて感じたことを書いてみます。


使用して感じた良い点の1つ目はバッテリーの持ちが非常に良いこと。

先程の仕様の部分でも書いたんだけど、バッテリー駆動時間が最大20日間のMi Band4。

「カタログ値だから実際にはそんなに持たないんじゃない?」

って思われている方も多いかと思いますが、現在の私のMi Band4のバッテリー残量はといいますとこんな感じになってます。

2020 01 15 08 28 35 1

  • 朝のアラーム
  • 通知は1日10回程度
  • アクティブトラックで毎日のジョギングログを取得
この程度の使用だと20日以上バッテリーが持ちそうですね。
いやぁ〜おそるべきMi Band4。

機種によってはスマートウォッチやスマートバンドって毎日充電しないといけない物もあるんですが、Mi Band4はバッテリー残量を全く気にしなくて良いのがいいんですよね。



そして2つ目の良い点は

この↑で書いたんだけど前機種のMi Band3とサイズが全く同じなので、Mi Band3の替えバンドがMi Band4でも使えるんですよね。

Amazonで「Mi band バンド」で検索するとかなりの数の商品が出てくるし、しかも安い!


私の場合は・・・
相方の交換用バンドを内緒で利用させてもらってます( *´艸`)


そして3つ目の良い点はお値段。

比較対象としては妥当じゃないかもしれませんが、某A社のスマートウォッチって一番安いモデルでも4万円台するんだけどMi Band4って税込みでお値段3,000円台の超激安!

最近じゃ万歩計でも3,000円以上する物多いんだから万歩計にプラス通知とかの機能が付いていると考えればかなりの激安品ですよね。



使用してみて感じたダメな点

Mi Band4使っていて良い点も多いんだけど、逆に「ココはダメだなぁー」て感じた点はいくつかありまして、ビッシビシとお伝えしていきます。


1つ目に充電するときにわざわざバンドを外さないといけないこと

2020 01 15 08 59 12

これは前機種のMi Band3も同じなんだけど、Mi Bandって充電する時にバンドを本体から外して充電しないといけないんだけど、このバンドの取り外しと装着が結構面倒臭いんですよね。

しかも本体をバンドに装着する際、バンド装着を前後誤ってしまって手首に付ける際に毎回ワチャワチャしちゃうですよね。

これ、地味に不便なんですよ...


2つ目のダメな点は表示文字のサイズが小さい点。

2020 01 15 09 00 10

元々、小さな液晶画面なので表示できる文字量は限度があるんだけど、表示文字が小さくてチラ見ではなにが表示されているかよく見えないんですよね。

私の場合、ニュース速報や雨アラーム情報を通知設定しているんだけど、通知が着ても文字が小さくて見えず、もう1度 Mi Band4の通知をチェックなんてことがあったり。
こういう時に限って大したことない情報だったりするんですよね...

設定で表示文字のサイズが変更出来るのかな?と思い調べてみたけど表示文字のサイズは変更出来ないっぽいです。

まぁ40代半ばになってくると少し老眼も入ってきてるので私の目の問題かもしれませんが、表示文字が小さすぎて私には辛いです( *´艸`)


最後、3つ目のダメな点はGPSの精度。

ジョギングする際にMi Band4のアクティブトラッカーでログを取ってるんだけど2回に1回の割合でGPSがうまく働いてくれずログがうまく取れてないんですよね。

Mi Fit
Mi Fit
開発元:Anhui Huami Information Technology Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

Mi Band4本体側ではなく、Mi Bandの純正アプリ「Mi Fit」との連携の問題なのかもしれないんだけど、ジョギングログを取るとこんな感じになっちゃいます。

Screenshot 20200115 084654
↑の右側がMi Band4(Mi Fit)で取得したログで、左側が別のアプリでアクティブトラックしたログなんだけど、実際には左側のログコースを走ったんだけど、Mi Band4(Mi Fit)側はログがおかしいんですよね。

今後のソフトウェアアップデートで直るのかもしれないんだけど、ジョギング愛好家としては走ったあとにログ見てニヤニヤしたいのに、ちゃんとログが残せてなかったら凄く残念なんですよね( *´艸`)



最後に

と、まぁこんな感じで良い点、ダメな点を挙げてみましたが、個人的には概ね満足しているMi Band4。

2020 01 15 09 07 55

お値段は超リーズナブルなんだけど、充実した機能を持ち合わせているXiaomiのスマートウォッチ/スマートバンド。

今回のMi Band4も超コスパ高な商品になっているので、スマートバンド購入を検討されている方は是非、Mi Band4をチェックしてみては如何でしょうか。






このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

クリスマスも終わって一気に年の瀬って感じになってきましたね。

そんな年末に”ある物”を購入してみました。

2019 12 08 18 05 51

はい、今回は超久しぶりにキーボードを購入したので今回はこのキーボードをご紹介します。


今回 購入したキーボードはコチラ

今回購入したキーボードはiCleverのIC-BK08という機種。

Bluetoothキーボード界隈でちょっと有名メーカーのiCleverが出している折りたたみのBluetoothキーボード。

Bluetooth5.1に対応の最新のBluetoothキーボードでございます。

ちなみに同梱物はこんな感じ。

2019 12 08 18 08 03

キーボード本体にMicroUSBケーブルにマニュアルとポーチといったシンプルな同梱物。
まぁこの手のキーボードだと大体こんな感じですね。




以前にも似たようなキーボード持ってました

今回購入したiCleverのキーボードと似た折りたたみ式のキーボードを持っておりました。

参考:【これで9台目】3つ折りキーボードレビュー : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51815579.html

今回購入したBluetoothキーボードも形状は3つ折り式で同じなんだけど、今回購入したiCleverのキーボードは右側にトラックパットが付いているのが特徴ですね。

2019 12 29 21 43 09

ちなみに以前購入した三つ折りBluetoothキーボードは1年前に近所に出来たリサイクルショップにドナドナしました...


外観とキー配列はこんな感じ

2019 12 29 21 43 14 2019 12 29 21 42 45

このキーボードの特徴としてはトラックパッドでしょうか。

過去にも色んな折りたたみ式のBluetoothキーボードを購入してきたんだけど、キーボードとは別にマウスを持ち歩かないといけないのは結構面倒で、ササッと取り出してササッと使えるデバイスが欲しいなと常々思ってまして、今回購入してみました。


使ってみて感じた良いポイント

バツグンの機動力

やはりキーボードとトラックパット一体型は便利ですね。
特に外出時はこのキーボードとスマホがあればどこでもPC並の作業が出来ちゃうので超便利!

ポケットにこのキーボードを入れておいて、外出先でちょっとメールやSNSをしたいなって時、ササッと取り出して入力出来るので便利です。

また合わせて購入したスマホスタンドと一緒に使用するとなんちゃってノートパソコン代わりになっちゃいますよ。

1577623296008

このスマホスタンド、充電しながら使用出来るので地味に便利なんすよ。


意外と反応の良いトラックパッド

2019 12 29 21 42 45

購入前までは「どうせトラックパッドの精度良くないんだろな」なんて思ってたんだけど、いざ使っていると良い意味で期待を裏切ってくれました。

2本指を同時に上下移動でブラWebサイトの上下スクロールもスムーズだし、Twitterのタイムラインのスクロールもスムース。

そして何よりも便利なのがちょっと考え中にトラックパット上で指を動かしているとスリープ画面にならないこと。

バッテリー節約のために1分間何も操作しないとスリープモードに入る設定にいしてるんだけど、考えながらキーボード入力しているとすぐにスリープ画面になっちゃうんですよね。

それがトラックパット上で指を動かしてたらスリープモードに入らないのでこれ地味に便利です。


3台まで接続可能なマルチペアリング

実は一番便利!と思ってるのがマルチペアリング。

私の場合、Bluetoothキーボードってそんな頻繁に使用する機会は無いんだけど、スマートフォンやタブレットを複数台使用していると、色んなデバイスでキーボード使用したいんですよね。

ある日はプライベート用のHUAWEI P20 liteでブログ書いて、またある日は会社用iPhoneで長文メール書いて、そしてある日にはFire HD8でブログネタ書いてとかって。

毎回ペアリング設定しなくても最大3台までのマルチペアリング出来るこのキーボード。
ホント便利で重宝してます。





使ってみて感じたイマイチなポイント

特殊キー配列

キー配列に拘りがある私にとって、このキーボードのキー配列は何点か「う〜ん...」って思っちゃうところがあるんですよね。

まずはEnterキー

2019 12 29 21 42 57

個人的にはEnterキーは縦長じゃないと嫌なタイプなんだけど、このキーボードは横長。
縦長Enterキーだったら良かったのに...


お次は「?」の入力方法

このキーボード、「?」を入力するのはファンクション(Fn)キーと「>」キーの同時押しという変則的な入力方法なんですよね。

ついついいつもの感覚で「?」を入力しようShiftキー+"め"を押してしまって誤入力しちゃうんですよね。

まぁキー配列については使っているうちに慣れてくるのかもしれませんが、この手の折りたたみ式Bluetoothキーボードはそれぞれキー配列が違うので毎回苦戦させられます。

とまぁこんな感じで2週間ほど使用している限りではキー配列以外に残念ポイントは無く快適に使っております。

さいごに

簡単でしたがトラックパッド付き折りたたみ式BluetoothキーボードIC-BK08のレビュー如何だったでしょうか。

コンパクトにながらトラックパッド付きで本格的な文章作成にも使用出来るこのキーボード。

私、明日から実家に帰省するんだけど、今回の帰省ではパソコンは持って帰らずスマホとこのキーボードで帰省先からブログを投稿予定です。

特殊なキー配列を克服し、この年末年始ブログをガンガン投稿出来るのか?
乞うご期待を( *´艸`)




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

IMG_20190130_213814

紹介がかなり遅くなりましたが、2週間ほど前にChromebookを購入したのでご紹介〜


今回 私が購入したのはASUSのChromebook C223ってモデル。

IMG_20190130_213948

Amazonでは販売してなかったのでASUSのオンラインストアで購入しました。

購入の経緯については↓過去のブログエントリーをチェックしてみて下さい。

【C223】ASUSのChromebook買っちゃいました : SuperBEATCLUB


では早速ですが、開封していきましょうか。





Chromebook C223の外観をチェック


内容物はこちら。
IMG_20190130_214209
Chromebook本体とACアダプターにマニュアル・保証書類と至ってシンプル。

ではまずは外観をチェックしていきましょうかね。
-諸般の事情でここから2週間ほど経過しまして・・・(*´ω`*)-


まずはChromebookの本体をチェック
2019-02-10 09.36.53

見た目は剛健質実といったアルミボディに見えるんだけど、実際にはプラスチック素材っぽいチープななんちゃってアルミ調ボディ。
まぁ3万円台のマシンなんだからそんなもんだよね(*´ω`*)


本体裏面はこんな感じ。
2019-02-10 09.39.55

ゴム足が四隅に付いているのと本体全面にスピーカーが2箇所あります。


本体左側面には奥からUSB-CとMicroSDカードスロット、オーディオジャックにUSB-Aポートがそれぞれ1つずつ。
2019-02-10 09.43.28


本体右側面にはUSB-Cポートが1つ。
2019-02-10 09.43.43

ポート類に関してはUSB-Cが2個とUSB-Aが1個あるので十分ですね。

このC223 充電はUSB-Cポートで充電するんだけど、右側のUSB-Cポートでも左側のUSB-Cポートでもどちらでも充電出来るのは大変ありがたいですね。


2019-02-10 09.42.27
ACアダプターも結構小さいし。

このACアダプターの出力数がイマイチ分からないので、今後USB-PD対応のモバイルバッテリーで充電出来るか試したいみたいと思います。
2019-02-10 09.42.51


ではお次はChromebookを開いてみますよ。

キーボードの配列はこんな感じ。
2019-02-10 09.40.23

個人的には左端のEnterキーやCtrl、Altキーが大きくて、右端のキーが小さくなっているのが気になるけど・・・
2019-02-10 09.40.33
まぁ許容範囲かな。

ちなみにキーボードのタイピング感はかなりチープな感じですが、個人的にはこのチープ感大好きな方ですね。


2019-02-10 09.40.37
う〜ん、今までMac使ってたから、こういうシール見ると「ダサっ」て思っちゃうんですよね(*´ω`*)


液晶ディスプレイの上部にはWebカメラが付いてます。
2019-02-10 09.41.05

ASUSのChromebookのラインナップの中には液晶ディスプレイ部分が360度回転してタブレットになるモデルもありますが、C223はこれが限界。
2019-02-10 09.41.38
こちらのモデル タッチディスプレイ非対応なんだけど、子供が知らずに使ってて液晶に指紋がベッタリと付いちゃってました(*´ω`*)





Chromebook C223のスペックをチェック


と、外観に関してはこんな感じで、次スペックは以下の通り。


CPU:インテル® Celeron® Dual-Core プロセッサー N3350
メインメモリ:4 GB LPDDR4 2400MHz
ストレージ:32GB(eMMC)
ディスプレイ:11.6インチ LEDバックライト (1366x768) ノングレア Panel
カードリーダー:SD/SDHC/SDXC
Webカメラ:92 万画素Webカメラ
無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth 4.0
サイズ:幅286 mm×奥行き199 mm×高さ17.25 mm
重量:約999 kg


一般的なChromebookの性能と同じといったところでしょうかね。
個人的には無線LANの11acに対応しているのはポイントが高いところです。

また重量については1kgをギリギリ切っているので家の中であちこちで持って行っては使ってます。





おまけ


11.6インチのHD液晶のディスプレイだから複数のタブを表示させるのは厳しいんだけど、外部ディスプレイ接続も出来ちゃうのでこんなことも出来ますよ。
2019-02-10 09.48.14


USB-CからHDMIへの変換アダプターを使って自宅にある21.5インチのディスプレイに接続すれば作業もサクサクと進んじゃいますね。
2019-02-10 09.48.29


って感じで長々となりましたが、次回は実際に電源入れてChromebookでどんなことが出来るのか紹介してみたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ