SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:スキー場開き

12月に入り一気に冬らしく寒い日々が続いておりますが、中国・四国地方の山間部では期待するほどの積雪はないようで、天然雪オンリーで滑走出来るスキー場もまだ少ないようですね。


広島県にあります道後山高原スキー場で昨日25日にスキー場開きが行われましたが、こちらでも思ったほど雪が積もってないようで、積雪量が少なく初日から初滑りとはいかなかったようです。


道後山高原スキー場のスキー場開きの様子を伝える新聞記事を発見したのでお知らせします。



【中国新聞記事より】
スキー場開きも初滑りお預け

 庄原市西城町三坂の道後山高原スキー場で25日、スキー場開きがあった。雪の量が少なく、初滑りはお預け。積雪が十分となり次第、オープンする。

 センターハウスでの安全祈願祭には、スキー場関係者や地元住民、市職員たち20人が出席。シーズンの無事故を祈り、雪ごいの神事もあった。

 運営する道後山観光(庄原市)の堀井秀昭社長(62)は「安全なシーズンとすることが第一。たくさんの雪が降って、多くの人でにぎわってほしい」とシーズンインを心待ちにしていた。

 同日までのゲレンデの積雪は15~25センチ。40センチ以上になれば、圧雪してオープンする。

オープンまでもうちょっと積雪が欲しいところですが、これから新年まで天気予報はずーっと雪マークが付いているのでオープンまでそれほど時間はかからないかもしれませんね。


ここ数年、全く変化の無い道後山のホームページは今シーズンも健在!

今シーズンも休日で3,500円でリフト1日券が買え、駐車場代は無料のようですので、少ない出費でスキー・スノーボードを楽しみたい方は道後山に行ってみてはいかがでしょうか?



超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

3連休の最終日の今日、クリスマスイブですが風邪引いてこの3連休を無駄に過ごし中の私。

布団に潜ってスマホで色々とネットサーフィンしてこの話題を発見しました。


昨日23日、岡山県にあります恩原高原スキー場のスキー場開きだったようです。


恩原高原スキー場のスキー場開きの様子を伝える記事を発見したのでお知らせします。

【山陽新聞記事より】
恩原高原スキー場開き 関係者ら降雪と安全祈る

 岡山県内最大級の規模を誇る鏡野町上斎原、恩原高原スキー場で23日、スキー場開きが行われた。積雪が不十分でリフトも稼働しないままのスタートとなったが、関係者が期間中の降雪と安全を祈った。

 運営する上斎原振興公社や町、県スキー連盟などから約50人が出席。室内で神事をした後、山崎親男町長らがパノラマゲレンデの利用客らに餅を投げ、シーズン入りを祝った。

 ゲレンデの積雪は10センチほどで、雪だるまを作ったり、そり遊びを楽しむ家族の姿も。家族や友人ら計9人で訪れた倉敷市の男性(36)は「滑れるほどの雪があれば良かったが、子どもが遊ぶには十分。雪が降れば年明けに来たい」と話していた。

 同公社によると、昨シーズンは過去5年間で最多の7万4400人が利用。今季も昨年並みを見込んでいる。

ゲレンデが真っ白なので初日から滑走出来たのかと思ってたのですが、積雪不足で滑れなかったようですね。


今週前半は岡山県北部でも雪の予報が出ているので、週末は滑走出来るかもしれませんね。


個人的には恩原高原はスノーボード初めて間もない頃に2・3回連れて行ってもらって以来、10年以上行ってないスキー場なのでまた行ってみたいスキー場なんですが…
来シーズンかな( *´艸`)


週末限定ではありますが、岡山・倉敷からバスツアーもあるようなのでこれからスキー・スノーボードを始めようと考えられている方は利用してみてはいかがでしょうか?




BURTON ONLINE STORE
超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中国・四国地方でトップクラスの規模を誇るスキー場「だいせんホワイトリゾート」が昨日(21日)、2012-2013シーズン プレオープンしました。


プレオープンの様子を伝える新聞記事を発見したのでお知らせします。


【日本海新聞記事より】
スキー場プレオープン だいせんホワイトリゾート

 国立公園・大山のスキー場「だいせんホワイトリゾート」(鳥取県大山町大山)が21日、プレオープンした。初滑りを待ちかねていたスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデに繰り出し、雪の感触を楽しんだ。


初滑りを楽しむスノーボーダー=21日、大山町大山のだいせんホワイトリゾート
 滑走できるのは中の原、豪円山の両エリア。「今シーズンは人工降雪機の設置や、女性向けのお得なプランなどを準備している。たくさんの人に大山に来ていただき、雪に親しんでもらえたら」と同リゾートの太田昌雄シニアマネジャーは呼び掛けている。

 スノーボードで滑っていた安来市の会社員、今岡和人さん(47)は「大山はよく滑りに来ている。今シーズンは初めてなので、体の感覚が戻っていないけどゲレンデは楽しい」と満喫していた。

 同リゾートは中の原エリアで23日午前9時から、安全祈願の神事や餅つきなどのオープニングセレモニーを行い、シーズン開幕を祝う。

 鏡ケ成スキー場(江府町御机)は22日、大山桝水高原スキー場(伯耆町桝水)は23日にそれぞれ営業開始を予定している。

オープンしているのに何故プレオープンなんだろ?って思ってましたが記事読んで分かりました。
明日(23日)のスキー場開きを持って正式なオープンなんですね。
どっちでもいいかと思うのは私だけでしょうか?


22日20:00現在 積雪30cmで、スキー場開きの明日も雨の予報と微妙なシーズン幕開けのようですが、公式ホームページではリフト運行も既に決まっているようです。

明日は駐車料金、リフト料金共に無料のだいせんホワイトリゾート
明日どこに行こうか迷われているスキーヤー・スノーボーダーは要チェックです!



超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ