SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:スキー

残念なニュースが飛び込んできました。


久万高原町 美川スキー場廃止方針

久万高原町は、1960年に旧美川村が開設し、現在休止状態となっている町営の美川スキー場を来月末で廃止する方針を決めた。
久万高原町によると美川スキー場は、県内初の本格的なスキー場として1960年に旧美川村が開設した。
ピークの1983年度には約6万人が来場し、約2億円を売上げたが、スキー人気の陰りや積雪不足などから利用者が減少し、2008年度の収入は3200万円まで落ち込んだ。
このため、2010年からスキー場の営業を休止し、町議会議員などで組織する検討委員会が活用方針を模索していたが、再建は難しいと判断した。
久万高原町では、3月6日の町議会の定例会にスキー場を廃止するための議案を提案することにしていて、可決されれば美川スキー場は来月末で廃止される。
跡地利用について久万高原町では、イベントなどに活用したいとしている。


数年前よりスノーボード熱がしまってこの2年ほど全然雪山に行ってない私ですが、この過去に数回美川スキー場に行った事あるだけにこのニュースは非常に残念です。


思えば10数年前、弟と一緒に滑りに行った際に1本目で弟が転倒して骨折したスキー場が美川だったなぁ・・・


暖冬やスキー人口の減少で再開は難しいと判断されたんでしょうけど、四国随一の広さを誇るスキー場だっただけに廃止は本当に残念!


美川スキー場にあった"あの食堂"ももう行けないのかぁ…
IMG 0049


過去のアルバムから今は無き美川スキー場の写真を見つけだしたので↓に載せてみます。



IMG 0033IMG 0038IMG 0045 IMG 0047IMG 0048

プラーナ、剣山、アクロス重信に今回の美川スキー場。 四国のスキー場減少は深刻ですね…




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

寒波が来るぞー!!




■鳥取県東部の週間天気予報
48

既にTVニュースの天気予報でご存知の方も多いかと思いますが、今週末に今冬で一番の寒波がやって来るようです!


今週は3連休なので週末にスキー・スノーボードに行かれる方にとっては絶好のコンディションかもしれませんね。


私はと言うと今週末は町内のボーリング大会があったり、子供と映画を見に行く約束をしていたりとで今週末もスノーボードに行く予定はありません。


んー、もう2シーズンもスノーボードから離れているので滑り方忘れてしまってるかも…

なかなか滑りに行けないけど、過去の滑走動画でも見て滑りに行った気分にでもなってみようかな。


ウエッ!!
↑の動画見てたら酔う( *´艸`)



って事で今週末スノーボードに行かれる方、私の分まで楽しんできて下さいね orz




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨日のブログでお伝えしたいぶきの里スキー場のオープンの話題。

今シーズン、少しだけコースが拡張されたと書きましたが、どこのコースが拡張されたのか分からないと意見を頂きましたのでコース拡張されたであろう部分をお知らせします。


今回、どうやらこの辺がコース拡張されたようです


Ibuki_zoom
コースが拡張された部分を↑のマップにマーキングしてみました。


DSC01000
今まで第2ペアリフト、センターコースといえば単調で短い初心者用のコースでしたが、今回のコース拡張によって第2ペアリフトからイルミネーションコース側を滑走する事が出来るようになったみたいですね。

私が実際に現地に行って確認した訳じゃないのでもしかしたら違ってるかも。
その際はご了承下さいね( *´艸`)


オープン当初から狭い狭いと言われてきたいぶきの里スキー場。
今でもコースの狭さは気になるけど、今シーズン若干ではありますがコースに幅が出来たのは嬉しいですね。



調べてみると最後に行ったのが2011年3月27日でした

個人的には3年近くいぶきの里スキー場に行ってなくて、随分いぶきの里スキー場からご無沙汰してます。
自宅から比較的近場にあるし、国道沿いでアクセスも良いので今シーズン辺りは行きたいなぁ(*´艸`)


  • いぶきの里スキー場




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ