SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

タグ:だいせんホワイトリゾート

2日前から急に寒くなり秋がやってきたなぁ〜って感じですが、秋になるとスキー、スノーボード関連の情報もチラホラとやってきますね。


今回は鳥取県にあります「だいせんホワイトリゾート」のシーズンに向けての準備の話題が掲載された新聞記事を発見しましたのでお知らせします。


【毎日新聞記事より】
だいせんホワイトリゾート:ススキ背に“冬支度” 大山のスキー場、リフト設置 /鳥取

 大山町大山の大山(1729メートル)山腹に広がるスキー場「だいせんホワイトリゾート」で10日、リフトに椅子を取り付ける作業が始まった。1カ月かけて行い、12月22日のスキー場開きに備える。尾関雅大・営業主任は「昨シーズンを上回る22万人の利用者を目指す」と話している。

 同スキー場はススキの穂が揺れ、ナナカマドの赤い実も多く、秋が深まった風情。標高650〜1100メートルに19本のリフトがあり、従業員が4人がかりで保管していた重さ76キロの椅子を取り出し、次々と取り付けた。

 昨シーズンは7季ぶりに利用者20万人を突破。来年3月まで営業する今シーズンは、55歳以上の2人以上が利用の場合、リフト1日券を1人につき1300円安い3500円にするシニアプラン(来年2月3〜21日限定)などのキャンペーンを実施するという。

例年、天皇誕生日である12月23日にスキー場開きを行ってただいせんホワイトリゾートですが、今シーズンは前日の22日がスキー場開きなんですね。
22日が3連休中日の日曜日なんで少しでも多くの方に参加してもらいたくて22日にしたのかな?


さて、今シーズンのだいせんホワイトリゾートのニュースといえば、旧上の原スキー場にリフトが新設されるそうです!

↑の記事には新設されるリフトの詳細場所は書かれてませんが、現在の上の原エリアと下の原エリアの辺りのどこかに出来るようですね。

10
下の原エリアから上の原エリアにぐーーーんと伸びたリフトが出来るのでしょうか?
それとも国際エリアへの移動がスムーズになる連絡用的なリフトとか?


中国・四国地方でもトップクラスの人気を誇るだいせんホワイトリゾートですが、スキー場内のアクセスの悪さから行くのを敬遠していた人も多いのでは?
私もその1人でしたけど、今回のリフト新設でスキー場内のアクセスの悪さが改善されるのかな?


若干ですが期待しております!


↓↓↓リフト左側に広がってるゲレンデが旧上の原スキー場ゲレンデです↓↓↓






人気ブログランキング
良かったらチャンネル登録してね!

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

中国・四国地方でトップクラスの規模を誇るスキー場「だいせんホワイトリゾート」が昨日(21日)、2012-2013シーズン プレオープンしました。


プレオープンの様子を伝える新聞記事を発見したのでお知らせします。


【日本海新聞記事より】
スキー場プレオープン だいせんホワイトリゾート

 国立公園・大山のスキー場「だいせんホワイトリゾート」(鳥取県大山町大山)が21日、プレオープンした。初滑りを待ちかねていたスキーヤーやスノーボーダーがゲレンデに繰り出し、雪の感触を楽しんだ。


初滑りを楽しむスノーボーダー=21日、大山町大山のだいせんホワイトリゾート
 滑走できるのは中の原、豪円山の両エリア。「今シーズンは人工降雪機の設置や、女性向けのお得なプランなどを準備している。たくさんの人に大山に来ていただき、雪に親しんでもらえたら」と同リゾートの太田昌雄シニアマネジャーは呼び掛けている。

 スノーボードで滑っていた安来市の会社員、今岡和人さん(47)は「大山はよく滑りに来ている。今シーズンは初めてなので、体の感覚が戻っていないけどゲレンデは楽しい」と満喫していた。

 同リゾートは中の原エリアで23日午前9時から、安全祈願の神事や餅つきなどのオープニングセレモニーを行い、シーズン開幕を祝う。

 鏡ケ成スキー場(江府町御机)は22日、大山桝水高原スキー場(伯耆町桝水)は23日にそれぞれ営業開始を予定している。

オープンしているのに何故プレオープンなんだろ?って思ってましたが記事読んで分かりました。
明日(23日)のスキー場開きを持って正式なオープンなんですね。
どっちでもいいかと思うのは私だけでしょうか?


22日20:00現在 積雪30cmで、スキー場開きの明日も雨の予報と微妙なシーズン幕開けのようですが、公式ホームページではリフト運行も既に決まっているようです。

明日は駐車料金、リフト料金共に無料のだいせんホワイトリゾート
明日どこに行こうか迷われているスキーヤー・スノーボーダーは要チェックです!



超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スノーボードを始めて15年近く経つ私ですが、シーズン中の雪山出撃回数1回という自身最小記録を叩き出した2011-2012シーズン。


色々とイベント事があってスノーボードどころじゃなかったのは事実ですが、それでも寒波寒波の連続にコンディションの良い日々が続いたシーズンだったので1回しか滑りに行けなかったのはとても残念!

これだけグッドコンディションの日々が続けば各スキー場、客入りが良かったのでは?と思ってたところに久しぶりに来場者数が大台に乗りそうな大山ホワイトリゾートの記事を発見しましたのでお知らせします。



【日本海新聞記事より】
今シーズン好調 「だいせんホワイトリゾート」


 間もなく営業を終える国立公園・大山のスキー場「だいせんホワイトリゾート」は今シーズン、来場者数が昨シーズンを約3万人上回り、6シーズンぶりの20万人台に迫る勢いだ。関係者は安定した積雪とファミリー向けの企画展開を好調の要因とみている。

 大山スキー場が入り込みの統計を取り始めた1975年度以来、最も来場者数が多かったのは95年度の41万1660人。最も少なかったのは2月末までにゲレンデの雪が解けた2006年度の13万2139人。近年はレジャーの多様化などによるスキー離れもあって客足が伸び悩んでいた。

 記録的な豪雪に見舞われた昨シーズンは、米子道が12~1月に最長70時間超の通行止めになるなど交通アクセスが打撃を受け、来場者の4割近くを占める山陽方面からの客が一時激減。一転、今シーズンの客足は順調に推移した。

 27日現在の今シーズンの入り込み総数は19万7千人。だいせんホワイトリゾートは巻き返しの要因として、週末に好天の日が多かったことや、観測史上最高の積雪(2月19日、302センチ)によって終盤までたっぷりと雪がもったことなど気象条件を挙げた。

 一方、営業面での工夫も功を奏した。子ども券、親子券の1日券を割り引きするなどファミリー層をターゲットに絞った企画が好評。昨年12月のオープニングセレモニーでは、1月中に使用できるリフト券の割引券を配布してリピーター確保に結び付け、1月単月の来場者数は6シーズンぶりに8万人を超えた。

 今シーズンの営業終了日は4月1日。中の原エリアのゲレンデは27日、積雪180センチの好コンディションといい、同リゾートの尾関雅大主任は「博労座の駐車場の料金が無料となっている。シーズン最後の春スキーを楽しんでもらいたい」と話している。

気象状況に大きく左右される業界だけに今シーズンの厳冬は恵みの寒さだったのかもしれませんが、今日時点でまだ150cm以上の積雪があるのに、日曜日で営業終了なんて勿体なさ過ぎ!!


まだまだ滑り足りない人もいれば、アクロス重信が閉鎖になり行き場を失う人もいるかと思うので、だいせんホワイトリゾートにはもう少し営業してもらいたいものですね。



ちなみに、大山近隣のスキー場の営業は、
・大山鏡ヶ成・・・4月8日(予定)
・奥大山・・・3月25日で営業終了
・桝水高原・・・3月25日で営業終了
と、鏡ヶ成が4月上旬まで滑れるようです。


短調なコースだけど今シーズン2回目の滑走に、鏡ヶ成に行ってみようかな( *´艸`)





超一流ブログ SuperBEATCLUB

↑このページのトップヘ