SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

カテゴリ: 本読んだぞ

昨年、私が読書をするキッカケとなった金色天化。

参考:【Amazon Primeで映画も小説も無料】「金色天化」読了 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51955098.html
何度も同じことをブログで書いてるんですけど、ホント面白い作品なんですよ。

続編の天化爛漫や、シリーズ最終作の宵闇天化も金色天化に負けず劣らず面白かったので他の作品を読みたい!
と、著者ヤマダマコトの別作品を読もうと思い借りたのが今回の本。


今回紹介するのはヤマダマコト著のヤルダバオートの聖域。

ヤルダバオートの聖域 (新潟文楽工房)
新潟文楽工房 (2018-09-09)
売り上げランキング: 8,284


2016年秋、新潟県三条市下田の山中で、キャンプ中の大学生グループがクマに襲われる事件が発生した。
それが騒動の始まりだった。

目撃証言によると全長2メートル以上。本州に生息するツキノワグマとは思えない大きさに人々は動揺する。
7年前にも発生した同様の事件、かつてこの地域に存在した第3セクターのテーマパーク――。
そして、人々の間に広がっていた噂。


行政や警察が混乱し、奔走する中、クマによる次の事件が発生する。
一連の事件の間に横たわる意外な真相、そして、市街地で起きていた違法な買春斡旋事件との奇妙な繋がり。
浮かび上がる、そこにいるはずのない偽神(ヤルダバオート)。
岡山からやってきた研究者・蓮見和哉と、熊殺しに執念を燃やす女ハンター・白倉明日香。
奇妙な絆で結ばれた2人が人食いグマに対峙する。
金色天化同様に舞台は新潟県。
秋田県や青森県で数年前に実際に起きた事件(山菜採りに山に来ていた人が熊に襲われるという事件)がモチーフにされているらしいです。

ネタバレになるので内容についてはここでは書きませんが一言で言うと。

素晴らしい作品!


物語の序盤・中盤の少し重い展開から後半の怒涛の展開。
空き時間で読み進めてたんだけど、後半は物語の最後が気になり一気に読んじゃいましたよ( *´艸`)


また個人的に嬉しいのは私の住む倉敷が本作に出てくるんですよ。

しかも我が家の超近く!
日頃の生活範囲圏内のことを細かく書かれてて「おぉ〜この作者よく知ってるなぁ」なんて関心しちゃいましたよ。


金色天化もそうでしたが、今回のヤルダバオートの聖域も実際の街の雰囲気が物語の中に入り込んでるなぁと感じました。
(新潟県に行ったこと無いんだけど こんな雰囲気なんだろうね)

Google Mapのストリートビューで街の様子を見ながら進めていくと更に本作を楽しめるかと思うのでオススメです。

実際 私も三条市や下田地区、JR燕三条駅とストリートビューを駆使して歩き回りましたからね( *´艸`)


今回紹介したヤルダバオートの聖域、Kindle Unlimitedに加入していれば無料で読めます。
Kindle Unlimitedに加入していなくても360円の超激安!

間違いなくコスパ高い作品でマジでオススメですので機会があれば是非読んでみて下さい。



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2019年最初に読み始めた本がこちら。

今回紹介するのは田中修治著の「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」

破天荒フェニックス オンデーズ再生物語 (NewsPicks Book)[Kindle版]

田中修治 幻冬舎 2018-09-04
売り上げランキング : 11
by ヨメレバ

■あらすじ

2008年2月。
小さなデザイン会社を経営している田中修治は、ひとつの賭けに打って出る。
それは、誰もが倒産すると言い切ったメガネチェーン「オンデーズ」の買収――。

新社長として会社を生まれ変わらせ、世界進出を目指すという壮大な野望に燃える田中だったが、社長就任からわずか3カ月目にして「死刑宣告」を突き付けられる。
しかしこれは、この先降りかかる試練の序章にすぎなかった……。

企業とは、働くとは、仲間とは――。実話をもとにした、傑作エンターテイメント小説。
全世界で200店舗以上展開し、年間150億円を売り上げるメガネチェーン「オンデーズ」の社長が実話をもと書いた、エンターテイメントビジネス小説のこの本。

元々小さなデザイン会社を経営していた著者がオンデーズを買収した理由や、買収後に起きる様々な試練を綴ったストーリー。


とにかく読んででハプニング起き過ぎだろーと思うぐらい次から次へと問題が起きるこの本。
次から次へと起きる問題に社員と共に立ち向かっていく著者に魅了され、「次はどうなるんだ?」と読むスピードが止まらず、ビジネス小説にしては多めの494ページを2日で読み終えちゃいました。


社長業って大変だなぁ〜って関心すると共に、平々凡々なサラリーマンの私には社長業は無理だなとも感じましたよ( *´艸`)


この本読むまでオンデーズってメガネチェーン店の事知らなかったんだけど、私の住む倉敷にもオンデーズの店舗があるじゃないですか!

参考:イオンモール倉敷店 | メガネ通販のオンデーズ オンラインストア (眼鏡・めがね)
https://www.owndays.com/jp/ja/shop/detail/647/

着色はされてるんだろうと思うんだけど、この本を読んですっかりオンデーズのファンになっちゃったので、次 メガネを買い換える時にはオンデーズで買おうかなぁなんて思ってます♪


ビジネス小説というと少々難しいイメージがありますが、とても読みやすくドキドキハラハラのエンターテイメント性も高いビジネス小説なので、是非皆さんも読んでみて下さい。

オンデーズでメガネ買いたくなりますよ( *´艸`)



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年の個人的ベストリーディングだった金色天化。

参考:【初開催】私的2018年ベストリーディングはコレでした : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51963657.html
Amazon Prime Readingで何気なく読んだら見事にハマり、次作 天化爛漫で更にハマった事はブログでも書きました。

参考:【Amazon Primeで映画も小説も無料】「金色天化」読了 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51955098.html
参考:【Kindle本】「天化爛漫」読了 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51956455.html
その天化シリーズ3部作の最終作になる宵闇天化をこの年末年始に読みましたよ。

[まとめ買い] 宵闇天化[Kindle版]

ヤマダ マコト
売り上げランキング :
by ヨメレバ

■あらすじ

室町時代に成立し、化粧を用いて人の心を自在に操る秘術「天化(てんげ)」。
その使い手である天化師たちは時代の中で徐々に姿を消しつつあった。

現代・新潟――。
自己啓発セミナー・幸福向上委員会が、天化を使って引き起こした未曽有の大事件から間もなく1年を迎えようとした夏。
再び、新潟市中央区、万代島で県知事が襲撃される事件が起こる。そこには、幸福向上委員会事件との奇妙な関連が確認された。
時を同じくして不可解な経緯で釈放された幸福向上委員会の危険人物、大槻四郎――。そして、あの少女。
事件の影に見え隠れする京都の天化師たちの陰謀、そして、若き天化師・卜部航の前に現れた謎の大学生、赤城智の正体とは?

越後平野の片隅でその技術を受け継いできた天化天朝流、卜部家の面々が新たな事件に挑む!
県土全域を舞台にしたシリーズ最高スケールの3作目、ついに始動!

金色天化、天化爛漫に続く、天化シリーズ3部作の最終作となる宵闇天化。

初作の金色天化から1年後を描いたストーリーで、1年前に幸福向上委員会が起こした事件以上の大事件を卜部3兄弟プラスαが解決していくお話。

あまり書くとネタバレになるのでストーリーについてはこの辺に留めておくけど、読んだ感想としては、


超面白かったです!

今回の作品も新潟が舞台なんですが、過去作品以上に新潟県の広い地域が舞台となっているので、今回もGoogle Mapを見ながら場所をチェックしつつ読み進めてました。

Google Mapやストリートビューを見ながら卜部航や登場人物がこの辺に居たのか〜なんて思いながら読み進めると超楽しいんですよね。


また個人的に好きなのがエピローグ(結末部分)。
物語が完結した後、サラッと終了してしまう作品が多い中で、この天化シリーズは物語の余韻を新潟の景色を描写しながら描いてくれるので次回作が読みたい!って思わせてくれるんですよね。


新年早々ですが、2019年のベストリーディングになりそうなぐらい宵闇天化楽しかったです。

一応、この3部作で天化シリーズは終わりだそうですが、次回作期待したいですね。



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ