SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

カテゴリ: 本読んだぞ

私が働く職場が来月からフリーアドレスなるんだとか。


フリーアドレスをご存知無い方向けで超簡単に紹介しますと、
参考:フリーアドレスとは、図書館の閲覧室のように、社員が個々に机を持たないオフィススタイル。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9
好きな席で仕事してOKって環境になるそうなんだけど、フリーアドレスになればどんな感じで仕事をすれば良いんだろ?
最近の働き方についていけないじゃないか?
そんな危機感じてきたのでこんな本読んで見ました。


今回紹介するのは一般社団法人はたらく未来研究所+寺岡晟 著の「新版フリーアドレスマネジメント: ~部下マネジメントとコミュニケーションの実際~」。


新しい働き方のスタイルとして急速に普及しているフリーアドレスだが、その起源は幕末の松下村塾にあると、この本は奇想天外なエピソードから興味深い展開が始まる。

松下村塾を主宰した吉田松陰は多くの志士を育て、彼らは日本の歴史に貴重な足跡を残すことになるが、松陰の教育方法はきわめてユニークなものだった。
その教室は席が決まっておらず、松陰自身も定まった席を持たなかった。
授業は自由な議論を特徴とし、議論が沸騰してくると松陰は生徒の中に入って、議論をリードした。
今ふうにいえばハーバードの白熱教室を彷彿させる光景だ。
今から150年以上も前の幕末に吉田松陰が肩書や身分も関係無い開かれた学校、松下村塾。 その松下村塾こそがフリーアドレスのパイオニアだったのではとの冒頭から始まるこの本。


松下村塾とフリーアドレスを繋げるって何か硬い内容の本なのか??
と最初は若干疑問に思ったんだけど、読み進めるにつれてフリーアドレスの目的や効果が分かりなるほど〜っと納得しちゃいました。


フリーアドレスにすることによって社内の色んな人とのコミュニケーションの質・量が向上がするって一般的によく言われるけど、それ以外にも私のような営業職だとオフィスの居心地を悪くすることで営業マンが外に出るようになるんだとか。

会社の居心地が悪いって若干ブラック感はするんだけど・・・まぁ会社によっては営業活動がアップしてくれれば良いですよね( *´艸`)


どちらかというと部下を持つ管理職の方向けの本だけど、私のような下っ端平社員でも勉強になるこの本。

もしあなたの職場がフリーアドレスになるって時にはこの本読んでみては如何でしょうか。



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

最近、仕事が忙しいせいか自宅に帰っても仕事のことを考えてしまうことがある私。

読書中にも「あの仕事明日忘れずにやらないと」なんてことが脳裏をよぎったり。
うーん、これじゃ読書してても本の内容が頭に入ってこないんですよね。


ってことで今回こんな本を読んでみました。


今回紹介するのは、苫米地英人 著の「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
コグニティブリサーチラボ株式会社 (2014-04-14)
売り上げランキング: 4

「頭の中がごちゃごちゃしてしまって、整理がつかない」なんてことはありませんか?
「集中したいのにすぐに他のことを考えてしまって、なかなか進まない」こんなこともありませんか?
それは頭の中にゴミがたくさんできてしまった結果です。
ゴミが頭にあるとモヤモヤがたくさんできてしまいます。こうしたゴミを追い払うことで、集中力を得る。
でも、ここでの集中力はコーヒーを飲んだり、たばこを吸ったり、気合いを入れないと集中できないという緊張して集中することとは違うのです。
本当の集中はリラックスした集中です。
本書ではこうしたリラックス型の集中力を得るためにはどのようにすればいいかをわかりやすい言葉で説明していきます。

まずは頭のゴミの掃除をして、本当の集中を得て、短時間での生産性を上げていきましょう。
テレビなどにもたまに出演している有名な認知科学者である著者。

こんな有名な人が書いた本なんだから絶対に分かりやすい本だろーと思って読み始めたんだけど・・・

全然分かりませんでした( *´艸`)


色んな悩みに対しての解決方法を教えてくれるこの本。

前半は"あーなるほど"と思う部分もあったんだけど、中盤以降カタカナの専門用語が出てくると"????"となり、後半はもう全く理解出来ませんでした。

もう1回読み直せば理解出来るのかもしれないけど…
もういいです( *´艸`)


私の読解力が足りないだけなのかもしれないけど、Amazonのレビューを見ても私と同じような感想が結構沢山あるので、この本読もうと考えている方は一度レビューを見てから考えてみては如何でしょうか。


う〜ん、ちょっとオススメ出来ない本かな( *´艸`)




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

本日紹介するのは中尾 ゆうすけ 著の「上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣」。

上に行く人が早くから徹底している仕事の習慣
すばる舎 (2016-10-19)
売り上げランキング: 66

えーっと、先に言っときますが今回紹介する本、昇進したくて読んだわけじゃありません。
つーか、既に後輩に抜かれまくってますよ( *´艸`)


まぁそんな私なんですが、昇進が早い人はどんな事考えて仕事しているか気になったので読んでみました。

会社には、高い評価を得て「上に行く人」と、ずっと同じポジションに留まっている「ここまでの人」がいます。
その選別は、かなり早くから始まっています。

社員を昇進させるとき、会社が見ているポイントはどこか。
上に行く人は、どんな仕事のやり方をしている人なのか。

会社が管理職に求める実力と考え方、そこに到達するための能力の鍛え方をわかりやすく解説します。
会社の評価が高い=上に行く人
出世する人は何を考えて仕事をしてるのか?を教えてくれるこの本。

上に行く人は失敗した時、何故失敗したのか?を考え、次は失敗しないよう失敗の経験から学び次に活かすんだとか。

逆に上に行けない人は、失敗をいかに隠そうか、他人に責任をなすりつけようかとするんだとか。

うーん、なんとなく自分のことを言われてるみたいだな・・・( *´艸`)


とまぁ、これ以上書くとネタバレになっちゃうので書きませんが、出世したい人には大変参考になるこの本。

出世するぞ〜!って思ってる若手の方は読んでみては如何でしょうか。




人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ