SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

カテゴリ: ガジェットじゃい!!

IMG_20190130_213814

紹介がかなり遅くなりましたが、2週間ほど前にChromebookを購入したのでご紹介〜


今回 私が購入したのはASUSのChromebook C223ってモデル。

IMG_20190130_213948

Amazonでは販売してなかったのでASUSのオンラインストアで購入しました。

購入の経緯については↓過去のブログエントリーをチェックしてみて下さい。

【C223】ASUSのChromebook買っちゃいました : SuperBEATCLUB


では早速ですが、開封していきましょうか。





Chromebook C223の外観をチェック


内容物はこちら。
IMG_20190130_214209
Chromebook本体とACアダプターにマニュアル・保証書類と至ってシンプル。

ではまずは外観をチェックしていきましょうかね。
-諸般の事情でここから2週間ほど経過しまして・・・(*´ω`*)-


まずはChromebookの本体をチェック
2019-02-10 09.36.53

見た目は剛健質実といったアルミボディに見えるんだけど、実際にはプラスチック素材っぽいチープななんちゃってアルミ調ボディ。
まぁ3万円台のマシンなんだからそんなもんだよね(*´ω`*)


本体裏面はこんな感じ。
2019-02-10 09.39.55

ゴム足が四隅に付いているのと本体全面にスピーカーが2箇所あります。


本体左側面には奥からUSB-CとMicroSDカードスロット、オーディオジャックにUSB-Aポートがそれぞれ1つずつ。
2019-02-10 09.43.28


本体右側面にはUSB-Cポートが1つ。
2019-02-10 09.43.43

ポート類に関してはUSB-Cが2個とUSB-Aが1個あるので十分ですね。

このC223 充電はUSB-Cポートで充電するんだけど、右側のUSB-Cポートでも左側のUSB-Cポートでもどちらでも充電出来るのは大変ありがたいですね。


2019-02-10 09.42.27
ACアダプターも結構小さいし。

このACアダプターの出力数がイマイチ分からないので、今後USB-PD対応のモバイルバッテリーで充電出来るか試したいみたいと思います。
2019-02-10 09.42.51


ではお次はChromebookを開いてみますよ。

キーボードの配列はこんな感じ。
2019-02-10 09.40.23

個人的には左端のEnterキーやCtrl、Altキーが大きくて、右端のキーが小さくなっているのが気になるけど・・・
2019-02-10 09.40.33
まぁ許容範囲かな。

ちなみにキーボードのタイピング感はかなりチープな感じですが、個人的にはこのチープ感大好きな方ですね。


2019-02-10 09.40.37
う〜ん、今までMac使ってたから、こういうシール見ると「ダサっ」て思っちゃうんですよね(*´ω`*)


液晶ディスプレイの上部にはWebカメラが付いてます。
2019-02-10 09.41.05

ASUSのChromebookのラインナップの中には液晶ディスプレイ部分が360度回転してタブレットになるモデルもありますが、C223はこれが限界。
2019-02-10 09.41.38
こちらのモデル タッチディスプレイ非対応なんだけど、子供が知らずに使ってて液晶に指紋がベッタリと付いちゃってました(*´ω`*)





Chromebook C223のスペックをチェック


と、外観に関してはこんな感じで、次スペックは以下の通り。


CPU:インテル® Celeron® Dual-Core プロセッサー N3350
メインメモリ:4 GB LPDDR4 2400MHz
ストレージ:32GB(eMMC)
ディスプレイ:11.6インチ LEDバックライト (1366x768) ノングレア Panel
カードリーダー:SD/SDHC/SDXC
Webカメラ:92 万画素Webカメラ
無線LAN:IEEE 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth:Bluetooth 4.0
サイズ:幅286 mm×奥行き199 mm×高さ17.25 mm
重量:約999 kg


一般的なChromebookの性能と同じといったところでしょうかね。
個人的には無線LANの11acに対応しているのはポイントが高いところです。

また重量については1kgをギリギリ切っているので家の中であちこちで持って行っては使ってます。





おまけ


11.6インチのHD液晶のディスプレイだから複数のタブを表示させるのは厳しいんだけど、外部ディスプレイ接続も出来ちゃうのでこんなことも出来ますよ。
2019-02-10 09.48.14


USB-CからHDMIへの変換アダプターを使って自宅にある21.5インチのディスプレイに接続すれば作業もサクサクと進んじゃいますね。
2019-02-10 09.48.29


って感じで長々となりましたが、次回は実際に電源入れてChromebookでどんなことが出来るのか紹介してみたいと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

定期的に来る私のキーボード買いたい病。

普段はこの病気をグッと抑えてるんだけど、実家帰省で暇だったのとAmazonタイムセールが引き金になって新年早々散財しちゃいました。


今回、紹介するのはEwinってメーカーの折りたたみ式Bluetoothキーボード。

Ewin 新型 Bluetoothキーボード 折りたたみ式 157g 超軽量 薄型 レザーカバー 財布型 ワイヤレスキーボード USB 薄型 IOS/Android/Windows に対応 スマホ用 スタンド付 【日本語説明書と18月保証付き】(折りたたみ式, ブラック)
by カエレバ


折りたたみ式のBluetoothキーボードといえば昨年10月に購入したリュウドの折りたたみキーボードがあるんだけど、ここ最近ペアリングが突然切れてしまう事が多発してて、いざ使いたい時に使えないって事が起きてるんですよね。

再度ペアリングしてあげれば普通に使えるんだけど、毎回ペアリングするのは面倒!と思い何か良いキーボードは無いか?探してたところにAmazonのタイムセールが始まりまして・・・
ついつい買っちゃったって訳でございます( *´艸`)


それでは早速、開封してみましょうか。

2019 01 06 09 31 09
まずは箱のチェック。

対応OSはiOSにAndroidにWindows
ん?これ、WindowsじゃなくてWindowousってなってるぞ???

まぁWindows用キーボードとして使用する事は考えてないから怪しげなスペルは無視して中身をチェック。

同梱物はコチラ
2019 01 06 09 33 38
キーボード本体にスマホスタンドにMicroUSBケーブルにマニュアルと保証書。


中華系メーカーって必ずと言っていいほど"大切なお客様へ"で始まるレターが入ってますね。
2019 01 06 09 33 47


では、まずは付属品のスマホスタンドからチェックしてみます。
2019 01 06 09 34 052019 01 06 09 34 29
60°から75°までの間で5段階の角度調整が出来るスマホスタンド。

折りたたみ式のキーボードは外に持ち出す事が多いから、スマホスタンドも必要になるんだけど、一緒に付属されてるのは嬉しいですね。

個人的にはもう少し角度の調整が出来ればと思うんだけど、まぁ付属品なんであんまり文句言っても仕方ないですね( *´艸`)


ではキーボード本体を見てみましょうか。

2019 01 06 09 36 25
レザーカバーの外観にEwinのロゴ。
個人的にはレザーじゃなくても良いんだけど、多少傷が入ってもレザーであれば目立たないので良いのかもしれませんね。

キーボード本体にバッテリーを内蔵しており、充電はMicroUSB。
2019 01 06 10 01 23
満充電で約60時間使用可能だそうです。


サイズ的にはこんな感じ。
2019 01 06 09 35 55 2019 01 06 09 36 08 2019 01 06 09 35 37
サイズ的にはW145mm×H66mm×D12mmで、サイズを比較する物が無かったのでKindle Paperwhiteで比較してみたらこんな感じ。
Paperwhiteよりも一回り小さいって感じでしょうか。

ちなみにケツポケットにもギリギリ収納出来るぐらいのサイズなので、手ぶらでも持ち運べますね。


では、キーボードを開いてみましょうか。

2019 01 06 10 00 29

電源ボタンは無く、開くと電源ON 閉じるとOFFとなるタイプなので開くとすぐに使えるのは有り難いですね。


唯一の電源ボタンはBluetoothのペアリングボタン
2019 01 06 10 01 00

まぁこの辺は今まで使用してきたBluetoothキーボードと同じですね。


キーのストロークは比較的浅めなんだけど、押してみた感じはまあまあいい感じ。
2019 01 06 11 58 11
長く使用しているとキーが外れる不具合が出そうな感じがするんだけど、このEwinのキーボード、18ヶ月の保証が付いているので、製品のクオリティには自信があるのかもしれませんね。


私、キーの配列には少々うるさい方でして、残念なのがEnterキーが小さいこと。
2019 01 06 10 00 40
押し間違いは無いとは思うんだけど、EnterキーよりもShiftキーが大きいのはちょっと残念ポイントですね。

また折りたたみキーボードの宿命でもある折りたたみ部分のキー配列でも「Y」キーが小さいのは結構残念。
2019 01 06 10 00 47
軽くタイピングしてみたんだけど、「Y」「T」キーのタイプミス連発で慣れるまでに時間がかかりそうです( *´艸`)


キー配列で若干気に入らない部分はありますが、コンパクトで18ヶ月の保証も付いてるので、持ち運び用としてガツガツ使っていこうと考えてます。

主にサブブログをモブログするように使おうと考えてますので、サブブログの更新頻度が多ければ「あのキーボード使ってるんだなぁ」と思って頂ければ。
逆にサブブログの更新頻度が少ないようであれば「あのキーボード使えなかったんだな・・・」って思って下さい( *´艸`)

参考:モブログはこのアプリを使ってます
【Bloggerアプリ】ようやく使えるアプリを発見しましたよ : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51949197.html
参考:SuperBEATCLUB サブログ
https://superbeatclub.blogspot.com/



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

先日ブログで紹介したBlogger Proで更新頻度が上がってきているサブブログ。

参考:【Blogger Pro Free】Android向けBlogger秀逸アプリ発見 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51958983.html
参考:SuperBEATCLUB サブログ
https://superbeatclub.blogspot.com/
更なる更新頻度をアップさせる為に久々にキーボードを購入しましたよ。

IMG_20181013_103401

今回購入したキーボードはリュウドの折りたたみBluetoothキーボード。

折りたたみキーボードでは昔から定評のあるこのメーカー。
残念ながら現在のラインナップの在庫限りでキーボードの市場から撤退するようなんだけど以前から欲しかったので今回買ってみました。

今回、メルカリで買いまして、私の初メルカリ体験記はコチラに書いてますのでチェックしてみて下さい。

参考:SuperBEATCLUB サブログ: 初めてのメルカリ
https://superbeatclub.blogspot.com/2018/10/blog-post_11.html


では早速開けてみましょうか。

IMG_20181013_180606IMG_20181013_180631

はい、こちらがリュウドの折りたたみBluetoothキーボードの「RBK-3000BT」。

リュウド 折りたたみ式Bluetooth HIDプロファイル対応キーボード マルチペアリング4台対応 Androidスマホ/タブレット・Windowsタブレット対応 JISモード<->US配列補正モードの切替機能搭載 ブラック RBK-3000BT
by カエレバ

箱やマニュアルは無くキーボードしか袋の中に入ってなかったんだけど、1,800円で購入出来たんだから無問題。
マニュアルはリュウドのホームページからもダウンロード可能だしね。


このキーボード見て"あれ?"って思った方はSuperBEATCLUB通ですね。

そう、このキーボード 7年半前に購入したエレコムの折りたたみBluetoothキーボード TK-FBP017とソックリなんです。

参考:TK-FBP017インプレッション : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51169208.html

実際に比較してみるとこんな感じ。
IMG_20181013_104839IMG_20181013_104903IMG_20181013_104925

エレコムのキーボードと比較してみてもサイズや重量はほぼ同じ。
ってか完全に同じ商品なんじゃないかと思うぐらいソックリですね。

キーの配列も全く同じだし。
2018-10-13_09-19-21

唯一違うのが電源部分でして、エレコムのキーボードは電源ON/OFFボタンがあるんだけど、リュウドのキーボードは電源のON/OFFボタンが無く、キーボードの開閉によって電源がON/OFFになるようになってます。

IMG_20181013_144214IMG_20181013_144054


と、外観に関しては今まで使用しているエレコムのキーボードとほとんど同じなので目新しさはないんですが、肝心なのはキー入力。
エレコムのキーボードは稀にキー暴走するんだけど、リュウドのキーボードはどうなんでしょうか?

昨日の夜、商品が届いたばかりなので未だ少ししか使用していないんだけど、使ってみた感じでは打感はエレコムのキーボードとほとんど同じ。
但し、エレコムのキーボードで稀に起きるキー暴走はリュウドのキーボードでは今のところ全く起きてません。


実際、このブログもリュウドのキーボードで原稿書いてるんだけどキー暴走は全く起きてません。

2018-10-13_05-50-39

リュウドの折りたたみキーボードであればケツポケットに入れて持ち運べるから外出先でブログ原稿書けるし、サブブログであれば投稿まで出来ちゃうからブログの更新頻度も上がるかな。


今回紹介したリュウドの「RBK-3000BT」、発売からかなり年数が経過したBluetoothキーボードで多少の古臭い感じはありますが、昔ながらのキーボードの打感とキーピッチが好きな方にはドンピシャハマるキーボードだと思うのでオススメです。


さぁ明日はこのキーボード持ってカフェでドヤって来ようかな( *´艸`)



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ