知ってる人はほとんどいないと思うんだけど、個人的に超嬉しいニュースが入ってきたのでご紹介〜


野球の独立リーグ 四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスに所属している岸 潤一郎選手がこの度、プロ野球のドラフト会議で西武ライオンズにドラフト8位で指名されました。


この岸 潤一郎って選手、その昔 甲子園を沸かせた高校球児でして、
スクリーンショット 2019 10 19 15 57 47
甲子園ではおなじみの高知の明徳義塾高校で2012年から2014年の3年間、甲子園に出場した「甲子園の申し子」とも言われる選手なんです。

甲子園ってどんなに頑張っても高校1年の夏から2年・3年の春・夏の合計5回しか出れないんだけど、この岸選手 なんと4回も甲子園に出場。

しかも1年生だった夏の甲子園では上級生を差し置いて4番バッター。
そして途中降板でしたが1年生でピッチャーとしてマウンドに立ったことも。


実は私、随分前から明徳義塾のファンでして、勿論 岸選手も1年生の時に甲子園から見てまして「これは3年生になったら絶対に全国優勝するな」なんて思ってたものです。

残念ながら大阪桐蔭という大きな壁に阻まれ、全国優勝を果たすことなく3年生最後の夏は終わってしまったんですが、9回2アウトの場面でホームランを打つってまさしく「甲子園の申し子」の所以たるところでしょうね。


高校卒業後は大学に進学するものの怪我で大学を中退。

ネットで大学を中退したことをしって「あぁ...残念...」って思ってたら昨年から四国アイランドリーグplusの徳島インディゴソックスでプレーって聞いて陰ながら応援してました。


そして今回のドラフトでの指名。
一度は挫折を味わい野球を止めた選手がまた這い上がって来てドラフト指名されるって凄すぎでしょう。


このツイートみて思わずうるっときちゃいましたよ。
いやぁ〜、ホント嬉しい!!


どれだけプロで通用するのか分からないけど、岸選手をこれからも陰ながら応援していきたいと思います。