最近、仕事が忙しいせいか自宅に帰っても仕事のことを考えてしまうことがある私。

読書中にも「あの仕事明日忘れずにやらないと」なんてことが脳裏をよぎったり。
うーん、これじゃ読書してても本の内容が頭に入ってこないんですよね。


ってことで今回こんな本を読んでみました。


今回紹介するのは、苫米地英人 著の「「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!」。

「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
コグニティブリサーチラボ株式会社 (2014-04-14)
売り上げランキング: 4

「頭の中がごちゃごちゃしてしまって、整理がつかない」なんてことはありませんか?
「集中したいのにすぐに他のことを考えてしまって、なかなか進まない」こんなこともありませんか?
それは頭の中にゴミがたくさんできてしまった結果です。
ゴミが頭にあるとモヤモヤがたくさんできてしまいます。こうしたゴミを追い払うことで、集中力を得る。
でも、ここでの集中力はコーヒーを飲んだり、たばこを吸ったり、気合いを入れないと集中できないという緊張して集中することとは違うのです。
本当の集中はリラックスした集中です。
本書ではこうしたリラックス型の集中力を得るためにはどのようにすればいいかをわかりやすい言葉で説明していきます。

まずは頭のゴミの掃除をして、本当の集中を得て、短時間での生産性を上げていきましょう。
テレビなどにもたまに出演している有名な認知科学者である著者。

こんな有名な人が書いた本なんだから絶対に分かりやすい本だろーと思って読み始めたんだけど・・・

全然分かりませんでした( *´艸`)


色んな悩みに対しての解決方法を教えてくれるこの本。

前半は"あーなるほど"と思う部分もあったんだけど、中盤以降カタカナの専門用語が出てくると"????"となり、後半はもう全く理解出来ませんでした。

もう1回読み直せば理解出来るのかもしれないけど…
もういいです( *´艸`)


私の読解力が足りないだけなのかもしれないけど、Amazonのレビューを見ても私と同じような感想が結構沢山あるので、この本読もうと考えている方は一度レビューを見てから考えてみては如何でしょうか。


う〜ん、ちょっとオススメ出来ない本かな( *´艸`)




人気ブログランキング