先日、小学校時代の同級生が地元では有名な会社の社長になったという話を地元の友人から聞きました。


社長かぁ
お金に困ることないんだろうなぁ( *´艸`)


社長と聞いて最初に思ったのがこんな事。
まぁ社長と聞いて貧乏人が最初に思うことと言えばこんな事なんでしょうが、貧乏人の私からするとメッチャ羨ましい。


あぁ俺も金持ちになりたいよー!

そんな気持ちが高まったからでしょうか?
気付いたらこんな本読んでました。


今回紹介するのは、金川顕教 著の「チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!〜」。

チェンジ〜人生のピンチは考え方を変えればチャンスになる!〜
サンライズパブリッシング (2017-07-27)
売り上げランキング: 1,909

六本木の高層マンションに住み、マセラッティを乗り回し、 最年少でダイナースのブラックカードを取得――誰もが認める成功者である著者。
一見エリートコースを進んできたかのように見えるが、スタートラインは「偏差値35」だった!

県下でもワーストクラスのヤンキー高校を卒業し、「成功者」をめざして一念発起!
猛勉強の末に難関大学合格、さらに大学在学中に公認会計士試験合格。
世界的な監査法人に入り社会的な「成功」を収めたものの、本当に求めていたのは「自由」だった――。

波乱万丈な人生を歩んできた著者は、何度も「チェンジ」を繰り返しながら高みにのぼりつめていく。
著者の生きざまをたどりながら、真の「幸せ」をつかむためのヒントを得られる異色の一冊。
↑の内容にも書かれている通り、県内でも底辺高校を卒業した著者。
必死に勉強して2浪で立命館大学に合格。
そして2浪というハンディキャップを埋めるべく大学生になっても必死に勉強し、大学在学中に公認会計士の試験に合格。
大学在学中に監査法人トーマツに就職。

底辺高校から公認会計士の試験に合格出来るまでどのようなことに取り組んできたのかが書かれたこの本。

読んでて「なるほどなぁ」と感心したのは、
人付き合いも含めた「環境」大事。
レベルの高い環境にいると、自分のレベルも高くなる。
ってフレーズ。

確かに周りが勉強の出来る人達ばかりだと、自分も頑張ろうと勉強するし、仕事が出来る人ばかりだと自分も仕事頑張るから必然と自分のレベルも上がるよね。

他にも「なるほど」と思うことは多々ありましたがネタバレになるので・・・( *´艸`)


本の前半はこんな感じで、後半からはトーマツに就職後し3年後に退職し更なる大成功を収めるまでのストーリーと、どのようにして大成功を収めたのかが書かれてます。

個人的には後半のストーリーは少々胡散臭くて「・・・」って感じでした。


個人的には後半が少々残念な内容だったけど、前半の波乱万丈な人生ストーリーはとても面白く勉強にもなったので、読み応えのある本でした。


「お金持ちになりたいなぁ」なんて思ってる方はこの本読んでみては如何でしょうか。


人気ブログランキング