前回紹介した本で俄然仕事にヤル気が起きちゃった私。

いやぁ〜、読書って知識を得られるだけでなく、モチベーションも上げてくれるので仕事の充実に繋がりますね。

そんな感じな私なんだけど、もうちょっと仕事に関連する本が読みたいなと思いKindle Unlimitedで借りれる本を読んでみました。


今回紹介するのは、米山 彩香著の「お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短」

お金と時間の悩みが消えてなくなる 最高の時短
KADOKAWA / 中経出版 (2018-07-27)
売り上げランキング: 5,199

著者と同姓同名の知人がいて、「まさかアイツがこの本書いたのか!?」と思いついつい借りちゃったのもあるんだけど...
全然違ってました(*´ω`*)

「本当は○○したいんだけど、時間がない」
「仕事だけで毎日あっという間」
「どうでもいいことに時間を奪われて、大事なことがなかなか前に進まない」

デジタル化が進んだのに「時間がない」という悩みは絶えない。
本書では、月収20万円の生活から1年もたたずに、1日実働2時間月収1000万円を超えるまでになった時短メソッドの技術を全公開。

「これまでの常識を覆す時短術」を誰もができる形に落とし込み、「時間がない」の解決法をわかりやすく提案する。

働いても働いてもお金の貯まらないあなたへ。

これまでの時短の概念を覆す!
「効率」ではなく「幸率」を上げる考え方と全技術をお届けします。
この著者、1日実働2時間で月収1000万円を超える収入があるらしいんだけど、具体的な仕事内容がこの本の中に書かれていないので調べてみたら・・・

ayaka公式ブログ|ゆるく楽しく気ままに
若干怪しげなインターネットビジネスで成功されている方だったので、少し引き気味に読んでみたんだけど、時短という観点で読み進めると「なるほど〜」と思う部分もありました。

5分間用、15分間用、30分間用のタスクを用意し、仕事の合間に出来た時間で時間に合わせたタスクを処理し、仕事の効率をアップさせる。
そういえば、今までは一番古いタスクから処理してた私。
簡単に出来ること、少し時間を要すること、じっくり腰を据えてする仕事と分ければ空いた時間にどのタスクが処理出来るか分かるのでこの考え方良いかも。

他にも以前読んだホリエモンの本でも書かれてたスマホ簡単なやり取りを済ませることで時短に繋げる等、働き方改革にも繋がるノウハウが満載。


仕事が忙しく思うように捗らないー!
って方は一読してみては如何でしょうか。

もしかしたら仕事がジャンジャン捗るようになるかもしれませんよ(*´ω`*)