2日遅れの話題ですが、島根県にある「瑞穂ハイランド」「琴引フォレストパーク」が3日(土)に2011-2012シーズンのオープンしました!


オープンの様子を伝える記事を発見したのでお知らせします。


【山陰中央新報記事より】
山陰でスキーシーズンスタート


 山陰両県のスキー場のトップを切って、島根県邑南町の瑞穂ハイランドと同県飯南町の琴引フォレストパークが3日、今シーズンの営業を始めた。瑞穂ハイランドには県内をはじめ、山陽や四国方面から約250人のスキーヤーが訪れ、人工降雪機で整備した全長2600メートルのコースで初滑りを楽しんだ。

 瑞穂ハイランドは、人工降雪機4台を使って幅10~15メートルにわたって雪を敷き詰め、平均斜度12度で中級者向けの「チェスナットコース」を開設。カラフルなウエアに身を包んだ家族連れや若者グループらが、スキーやスノーボードでさっそうとロングコースを滑走した。

 広島県福山市から訪れた会社員浮橋英将さん(32)は「待ちに待ったスキー場開き。週末ごとに楽しみに来たい」と話した。

 瑞穂ハイランドは来年4月1日まで営業。シーズン中に初心者向けのコースも開設し、昨シーズンより5千人多い16万人の来場を見込んでいる。

 山陰両県のスキー場では、島根県のアサヒテングストン(浜田市旭町)と三井野原スキー場(奥出雲町三井野原)、鳥取県のだいせんホワイトリゾート(大山町大山)が23日から今シーズンの営業を始める予定。

瑞穂ハイランド、琴引フォレストパーク共、オープン初日はあいにくのお天気だったようですが、瑞穂ハイランドはオープン初日から2,600mのロングコース(チェスナットコース)を滑走出来るようですね!
コース幅は10m~15mと狭めですが、シーズン序盤からガッツリ滑りたい方にはいいかもしれませんね。

↑の記事の中では琴引フォレストパークのオープン初日の様子については触れられてませんが、琴引スタッフブログを見る限りではこちらもコース幅はかなり狭めのようです…


琴引フォレストパークについては昨シーズン、初めて行き、こじんまりしたゲレンデでしたが混雑もそれほどなく、とても楽しめました!
まだ一度も行かれた事の無い方は参考にしてみて下さい。




SuperBEATCLUBではあなたがゲレンデで撮った写真の提供お待ちしております!
当ブログで紹介してもOKなゲレンデ写真がありましたら↓のアイコンよりスキー場を記入してメール送って下さい!
photo
tumblrにてBEATCLUBというスキー・スノーボード単文ブログやってますのでこちらも是非、チェックしてみて下さい!
tumblr



超一流ブログ SuperBEATCLUB