前回の花見山のつづき


花見山で11時まで滑走した後、ウエアーのまま車に乗り込んで神郷第一スキー場へ移動です!

花見山(鳥取県)と神郷第一スキー場(岡山県)は県こそ違えど比較的近くにある為、車で20分ほどで行けちゃいます。

より大きな地図で BEATCLUB MAP(スキー場) を表示

11:30 神郷第一スキー場到着
日曜日という事もあってか、第一駐車場は満車で第二駐車場はかろうじて1・2台駐車出来るスペースがあり、第二駐車場になんとか駐車出来ました。
DSC01345


午後券購入して滑走する予定だったので12:00になるまで時間潰しの為、デジタルビデオカメラでゲレンデ撮影~


駐車場は満車状態でしたが、ゲレンデは意外と空いてます。
ハイシーズンの日曜日でもこの空きっぷりは流石、神郷第一スキー場です(笑)


12:00になるまでUSTREAMしながら待ってみました。

Docomoの電波はバリバリ入ってるのですが、USTREAMアプリのせいなか?3G回線の問題なのか?はたまは使う人間の問題なのか?分かりませんが、映像が切れまくりでした。
USTREAMが全然使えねぇ~!
まぁこんな時もあるよね^^;

12:00になって午後券(2,500円)を購入し、いざリフトへ!

img031
昨シーズンは神郷第一スキー場に行ってないので分からないのですが、08-09シーズンまではリフト券が神郷温泉の割引券になってたのに、今シーズンは割引券にはならないようです。



DSC00846 (1)

午前中の花見山では雪がかなり降ってましたが、こちら神郷第一スキー場は雪はほとんど降ってなく、時折太陽が見えるぐらいお天気が回復してきました。
午前中の花見山が寒過ぎただけにこれはありがたい!



DSC00824

まずはファミリーコースでウォーミングアップ。

うぉりゃ!
ひゃっほ~!!

コース幅が広く、そして人が少ないとなれば大きな弧を描いてターンを切っても全く問題なし!
ってか、コース幅が広過ぎてコースいっぱいにターンするのは無理だなw
DSC00826



ファミリーコースで3本ほど滑った後、中級者コースへ行く為に第2リフトへ移動。


ファミリー色の強い神郷第一スキー場にはスノーパークはありませんが、キッカーが1つあり、撮影しながらキッカーで遊んでいるグループもいました。


DSC00837本日の神郷第一スキー場の積雪は110cm。
毎年積雪不足に泣かされている神郷第一スキー場にしては驚異的な積雪量になっているようです!



DSC00833
中級者コース上部にある3連ウェーブ。
キッカー以外に遊べるアイテムが無い神郷第一ですが、ウェーブは唯一遊べるかな?


滑走開始が午後という事もあってか既にコースが荒れてきており、特に中級者コースの斜度のあるところはコースが少しボコボコになってました。
う~ん。少し残念だ!


お次は林間コース。
DSC00839
途中、上り坂があってスノーボードだとバインディングを外さないと上れない箇所があるのが残念!
ここはスノーボードには向かないコースのようです。


中級者コースを3本、林間・上級者コースを滑走した後、センターハウスで休憩~

休憩中に再度、USTREAMにチャレンジ!

回線はうまく繋がりましたが、今度は端末側のトラブルでUSTREAM配信中に電源ごと落ちてしまった…
もうやらねぇ... ○TZ



30分ほど休憩した後、利き足の右膝が疲労で痛くなってきたのでスイッチして30分ほど滑走し 15:00 終了!

神郷第一スキー場での滑走時間は休憩込みで3時間と短めですが、午前中の花見山での滑走も含めれば前回の琴引フォレストパークの時よりもガッツリ滑ったんじゃないかな?
滑り過ぎてヘロヘロ状態です^^;



今回、2シーズンぶりに神郷第一スキー場にやって来ましたが、今回もファミリー色がとても強く、来場者の大半が家族連れでした。

コースの幅が広く、そして人も少ないので、チビッコのスキーやスノーボードの練習に最適。
なので多少の暴走も他人にぶつかる確立も少なし!

またリフトも乗り場、降り場、共にスタッフの方が沢山いるので子供と一緒にリフトに乗る際にも安心です。

DSC00822
ベルトコンベアーはありませんが、キッズパークも無料で開放されてますので、子供と一緒にソリ遊びも出来ます。


中国地方の穴場的スキー場ですが、スキー場のリニューアルがされてまだ6年しか経ってなく、施設は全て新しいのでオススメですよ~!


DSC00845 (1)



神郷第一スキー場のリニューアルを追いかけた『偽』神郷第一スキー場ホームページもよろしく!





超一流ブログ SuperBEATCLUB