SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

follow us in feedly

**あいのりバスツアー Part2**

祝日の本日、保母さんの友人に誘われサイオトに行ってきました。

前回の芸北国際同様に今回もバスツアー貸切で行って来たのですが、
今回は保育園の保母さん達と園児達の中に混じって中年のオイラ達があいのりさせて頂きました。

200302115






前日の10日のPM11:30 今回のツアーに参加するダッチとダッチの先輩で新メンバーの「富さん」がオイラの家に到着。
少し遅れてノリヲが到着。
みんな仕事終わりで集合した為、かなりお疲れの様子でオイラの家で少しオヤスミ zzz

AM4:00に起きて準備をしAM5:00に集合場所の保育園に到着。バスに荷物を積み込みバスの車内へ入る。

チビッコ達と一緒にバスに乗るとかなりうるさくてバスの中で寝れないのでは?
と思っていたのですが、チビッコ達も起きたばかりの様子で車内は意外と静かでした (^^ゞ

200302111






行きのバスの車内では今回もメンバー全員思いっきり爆睡。
かなり前日の仕事の疲れがあったみたいです。

バスが高速「戸河内IC」を降りた頃からチビッコ達のテンションが上がってきてバス内に大声や奇声が入り乱れる。
もちろん、この奇声に起こされ「うぅ~ん。何なのォ?」と外を見てみるとどうやらチビッコ達は積もっている雪を見て興奮している様子でした。

AM9:30 ユートピアサイオトに到着。
今回はチビッコ達の体力を考慮してPM2:30までしか滑る事が出来ないので急いで着替えを済まして早速、ゲレンデへ向かう。

実は今回参加したメンバー全員、サイオトに来るのは初めてで、どんなゲレンデなのか楽しさ半分と、
2日前の芸北国際の大混雑がサイオトでもあるのかと不安半分の心境でした。

200302112200302113






ゲレンデは小雨が降っておりコンディション的には最悪でしたが小雨のせいか人が少なく、
AM9:30の段階ではリフト待ちは全くありませんでした。

まずゲレンデに出てビックリ!ローリングカーペット付きのリフトがあるじゃないですか!
初体験のローリングカーペットに恐る恐るのりながらまずは1本目。

本日の雪質は2日前の芸北国際同様。シャーベット状の雪で雪質は悪かったです。
ただ2日前の芸北国際と比べると気持ち良かった感じでした。

1本目にゲレンデ中央のセンターコースを滑ってみましたがコースに人が沢山おり少し滑りづらい状況でした。

200302114






ちょっと多めの人を避けるために2本目はリフト2基乗り継ぎ少し傾斜のキツめのメダリストコースにチャレンジでしたが
こちらはコース途中からガスっていて視界がかなり悪い状況でした。
(結局、帰りまでガスっていました)

「センターコースは少し混みあっているし、メダリストコースはガスっていて危ないしどこかいいとこないかな?」
と探しているとイエティコースを発見!
200302116






コース最初は少しキツめの傾斜ですが少しづつ緩やかな傾斜になるこのイエティコースはオイラには最適のコースでした!

シャーベット状の重い雪質でしたが今年に入ってから密かに練習していた
カービングターンもバッチリ決まってオイラお気に入りのコースになりました!

メンバー4人でイエティコースで3本ほど滑ってダッチが持ってきていたデジタルビデオカメラで3人のフォームチェックをする事に。
まず最初にオイラ。
練習してきたカービングターンで滑りました。
オイラ的にはイマイチのライディングでしたが後で自分の滑りを見てみると意外に綺麗なフォームで我ながら驚きでした。

次に新メンバーの富さん。
ショートスキーの富さんですが、スキー歴10年以上のベテランだけあってさすがにフォームはかなり綺麗でした。
(今度、エアー見せて下さいね!)

最後にノリヲ。
今シーズンから始めたショートスキーですが、滑っている時の腕がぎこちない。
ストックを持たないで滑るショートスキーに慣れていないのでまだまだ猛練習が必要。

今回、初めて自分の滑りをビデオで見ましたが
「俺ってこんなフォームで滑っているんだ」って感心しました。

AM11:00 少し早めの休憩を取る事に。
祝日でしたが食堂はガラガラまではいきませんが、人はまばらでした。

AM11:45 休憩終了。残り時間も少なくなってきたので午後から思いっきり滑る事に。

この頃から降り続いていた雨が少しづつ強くなりウエアーがビショビショの状態に・・・
雨の影響は雪質にも影響を及ぼし始め、滑っている時に板が引っ掛かる感覚で滑りづらい状況でしたが、
すかっりイエティコースにハマってしまったオイラは雨もお構いなしにひたすら滑っていました。

これまた今年から練習をしているフェイキーにチャレンジしてみましたがノリヲ曰く
「以前よりはうまくなっているけどまだまだ練習が足りないんじゃないの?」との事・・・
今年中に残された課題であります。

朝から降り続いている雨は止む事なく次第に強くなり、
さすがにオイラもPM2:15に観念して終了。

後で気付いたのですが、センターコースではスノーボードの大会をやっていたみたいで華麗なエアーを決めるボーダーで賑わっておりました。
200302117






PM3:00 バスはサイオトを出発。
4人共疲れ果てて車内で行き同様に爆睡していましたが、チビッコ達は車内で興奮しまくりで何度も起こされました ^_^;
PM7:00 岡山到着。メンバー4人でアフター焼肉へ直行。
たらふく食べてPM9:00に解散。

岡山からは少し遠くもっぱら備北エリアばかり行っているBEATCLUBですが
ムービングベルト採用のトリプルリフトにキッズパークにもムービングベルト採用。
レストハウスもとても綺麗なサイオトに感動しました。
特にオイラが気に入ったイエティコースはまた今度、
チビッコ抜きで行って見たいと思いました (^^ゞ

(追伸)
お世話になった保育園の保母さん&チビッコ達ありがとう!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

**あいのりバスツアー Part1**

3年ぶりに中国地方でトップクラスのゲレンデ「芸北国際」に行ってきました。
実は今回、メンバーのノリヲが「ウチの会社の先輩の友人で旅行代理店に勤めている人がいて、
彼氏のいない女の子が沢山いるからコンパ形式のスキーツアーしない?って言われているんだけど行かない?」
と話を持ちかけてきました。

これは行っとかないと行けないでしょう!と思ったのですが、その日はあいにくオイラは予定がぁ・・・
早速、メンバーに連絡してみるが意外と反応の悪いメンバー達・・・あまり女の子には興味のないメンバーばかりでした ^_^;
先に入っていた予定が急遽キャンセルになりオイラも参加する事になり結局、BEATCLUBからはオイラ、ノリヲ、ダッチの3人が参加する事に。

一緒に参加するダッチに「どんな子が来るんだろうね?」と胸をドキドキさせながら2月8日のPM9:30、集合場所の倉敷に到着。

既に到着していたノリヲ。
「リーダー、実は今回のバスツアーなんだけどバスの関係で女の子ばかりでなく、
うちの会社の人や全くしらない家族連れも参加するから」
えぇ~!?きっ聞いていないよ!!(*。*)!

よくよく話を聞くと、大型バスを貸し切ったのは良かったのですが人数が足りず、
仕方なく寄せ集めの集団になってしまったとの事でした。
(オイラ、ノリヲの会社の人15人、女の子10人、全く知らない4家族15人の総勢40人)

出発前からちょっとしたハプニングはありましたが、PM10:00 倉敷を出発。

バスの車内では出発前から興奮状態だったダッチが早速、
お隣に座っている女の子と楽しく会話してました。

200302091






バス出発時はみんなワイワイガヤガヤと話をしてましたが、さすがにAM0:00を過ぎると睡魔が襲ってきてバスの車内はオヤスミタイムに zzz
AM4:00 バスは芸北国際に到着。ただ全員就寝中のバス車内は誰も芸北国際に着いた事に気付かずにみんな爆睡 zzz
AM7:00 バスの運転手さんのアナウンスでみなさんお目覚め。

バス車内から外を見てみるが天候はあいにくの雨。
ただせっかく芸北まで来たのでとりあえず着替える事に。

AM8:00 着替えを済ましてダッチと一緒にゲレンデに向かう。
ノリヲは会社の人と一緒に滑るという事なのでとりあえず2人でリフト券を購入。

200302092






AM8:00だというのにゲレンデは既に多くの人でごったがえしていました。
(この時期の芸北国際はこんなものなんでしょう)
国際エリアのトリプルリフトは2基共長蛇のリフト待ちが出来ていたので、
とりあえずリフト待ちがなかったエクスプレスリフトへ乗る事に。

200302093






この日は「西日本スノーボード選手権」(はっきりとは名前は覚えていないのですが)をしていて凄い勢いで滑るボーダー達が沢山いました。

リフトを降りて小雨の中とりあえず1本滑る事に。
本日の雪質はシャーベット状の雪質。
小雨が降っている事もあり少し重めの雪質でこの日は気温も高く春スキーのような感じでした。

人の多い芸北国際はヘッポコボーダーのオイラにはゲレンデ人口密度が高すぎてチョッピリ滑りづらい。。
一緒に滑っていたダッチも同じ事を思っていたらしく、「滑りづらいから他のコースに移ろうか」という事でお隣のカケズエリアに移る事に。

カケズエリアはリフト待ちも無く、またコース内もほとんど誰も滑っていなかったのでこちらは気持ち良く滑りました。
ただこちらも雪質重めでした。

3本滑りカケズエリアもリフト待ちが少しずつ出来てきたので今度はおーひらエリアに移る事に。

すでに長いリフト待ちの列が出来ていたおーひらエリアですが、
必殺「6人乗りグワッドリフト」で2~3分でリフトに乗る事が出来ました。
早速、おーひらエリアで滑ってみたのですがこちらも雪質重く、
またコースにはかなりの人でごったがえしコース中央に座っているボーダーを交わしながら滑るのがやっとでした ^_^;
200302098






また山頂付近はかなり濃くガスっていて視界が悪くかなり危ない状況でした。

1本滑っててまたリフトに乗ると隣に座っていたオッチャンが「今日は特別多いね~これじゃまともに滑れんなぁ~」と一言。
ベテランスキーヤーらしきオッチャンでも一苦労なコースに当然オイラも苦労し降りて来た頃には既にヘロヘロ状態。

AM10:00 朝食も食べていないしとりあえず休憩する事に。
バス内での車中泊の疲れもあり少し長めの休憩を取りAM11:00に再度、アタック!

200302097






この頃には人混みがMAXに達し、おーひらエリアも凄いリフト待ちになっていたので1本滑ってカケズエリアに移ったのですがこちらも大混雑!
200302095






リフトに乗るのに20分待って国際エリアに戻ったのですがこちらはさらにヒドい混雑・・・(>_<)
200302096






見渡す限り人、人、人・・・
結局、一番リフト待ち時間の短いおーひらエリアでガスと人混みと格闘しながら地味~に滑っていました。

ゲレンデ規模も大きければ人も多いのは当たり前なんですが、
ここんところ人の少ない備北エリアでず~っと滑っていましたのでさすがにキツかったです。

PM3:30 太ももが張ってきたので終了。
PM5:00にゲレンデ出発予定でしたのでありあまる時間をオイラはバスの中で一人酒を喰らって即、爆睡 zzz

後から聞いた情報によると、帰りの車内でダッチは仲良くなったお隣の女の子とず~っと話をしていたみたいですが、
結局連絡先も聞けなかったとの事。

自分で行き帰りの運転をしなくて良いバスツアーだったのに今シーズン一番疲れた日でした・・・
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

**冬山週間 Part2**

前日に道後山に行っていたのですが、メンバーのダッチがついにボーダーに転向するという事で
急遽、備北エリアにトンボ帰り!猫山に行って来ました!

前日に道後山で滑っていた疲れもありましたが、
今から寝ると起きれない可能性大と考え体力のまだある今のうちにダッチと共に岡山を出て猫山に向かう事を決意。

着替えなどを積み込み前日のPM10:30に岡山を出発。
途中、道後山の疲れを癒す為に温泉に寄り眠い目をこすりながら
前日と同じルートで猫山を目指す。
さすがに昨日通った同じ道を夜中に車で走行しているとメッチャ眠くてホント危なかったです。

眠い目をこすりながら運転しているオイラを見てダッチが眠気覚ましに浜田省吾の歌を歌ってくれてましたが、
これがまた酷い歌声で途中からパッチリ目が覚めました。

昨日同様、広島県の東城町内から道路はカチカチのアイスバーンの状態に。

AM3:00 猫山に到着。駐車場には既に車が30台ほど泊まっておりました。
オイラもダッチも昨日の疲れがかなり溜まっており今夜は車を駐車場に止めて速攻で車のシートをフラットにさせ布団を敷き即爆睡 zzz

AM8:00 寒さで目が覚めたオイラ。
外の様子を眺めて見るとリフト運行開始30分前だというのに駐車場にはかなりの台数の車が止まっており
既に板を持ってゲレンデに向かっているボーダーもいました。
とりあえず隣で爆睡していたダッチを起こし昨日の夜に買ったパンを食べて着替える事に。
昨日買った板を大事に持っているダッチ。
200302021






当たり前ですが新品だけあって傷一つなくオイラのボロボロのボードと輝きが全く違っていました。

前日にコンビニに寄った際に購入した2,500円のリフトチケットをダッチと共にレストハウスでリフト券に引き換えに行ったのですが
「ゲッ!これって平日した使えないの!?」
平日のみ有効のリフトチケットを購入してしまって仕方なく3,500円の正規の値段で一日券を購入。。。

ブルーな状態のままリフト運行開始直後のゲレンデへ出たのですがゲレンデには既に多くの人で賑わっていました。
(ここ最近は人の少ないスキー場ばかり行っていたので余計に多く感じました)
200302026






ボード初体験のダッチと共にゲレンデ中央の中級コースへ。
「教えてもらわなくても絶対に滑れる!」と豪語したダッチですが両足を固定された板に馴染めずガンガン転んでいました。
200302023






本日の雪質は猫山にしてはまずまずの雪質。
コース上部で土が見えている事が多い猫山ですが、この日は豊富な積雪量(170cm)で
初・中級コースでは土は全く見えていない状況でした。
200302022






また午前中は天候も良く、お隣の道後山のゲレンデも綺麗に見えていました。

転びまくるダッチを尻目に1本目を気持ち良く滑ったオイラ。
10分ほどまってダッチがやっと降りてきたのでですが、かなりお尻を強打したみたいでしたが、
「痛くても誰にも教えてもらわずにマスターする」と言い張ってました。
やはり最初から中級コースは無謀だったので2本目以降は傾斜のなだらかな初級者コースで一緒に滑る事に。

5本ほど滑った頃には人の数も多くなり、
他のスキーヤー&ボーダーに突進する可能性のあるダッチは危険と判断しダッチに止まり方と木の葉を教えてあげてまた練習。

AM10:00 うまく滑れないダッチは結局、ボードを諦め一緒に持ってきていたショートスキーに転向。

この時間帯から帰りまでリフトには長蛇の列が出来始めリフト待ちの大嫌いなオイラは少し「帰りたいモード」になってきたんですが、
ダッチが「チャンピオンコースのリフトは空いているから行こう」との事。
今まで何度も猫山に足を運んでいるオイラですが、
一度も上級者のみが乗るこのリフトが運行しているところを見た事がなくて今回初めてチャレンジしました。
200302024200302025






上級者のみが乗る事を許されるこのリフト(?)からの眺めは絶景で、高所恐怖症のオイラは後ろを振り向いて下を眺めただけで恐くなりました ^_^;

このリフトからはコブだらけのキャメルコース、
最大39°の急斜面のデザイアコースの2つがあり両方を味わったオイラ。
まともに滑る事も出来ず転びまくりのお尻を強打しまくりでかなり痛かったです (*_*)

こんな難しいコースでも見事に滑るボーダーが沢山いて感動しちゃいました。

こんな難しいコースを7本ほど滑れば当然疲れも出てきてPM2:00から休憩をする事に。

昨日の疲れと今日の疲れがドッと出てきて体力的にかなりキツかったので猫山の食堂上の休憩所で休みました。
4人の家族連れがお昼ご飯を食べているお隣でダッチと共に爆睡。
寝ている時に何度か子供に足や手を踏まれましたが起きる事なく爆睡 zzz

1時間後のPM3:00に目覚めましたが寒いところで寝ていたせいか風邪を引き、少し熱っぽくなってしまいました (@_@)
この時点で体調はかなり悪かったのですがせっかく来たので老体にムチを打ち1本滑る事に。

滑っている時に初めて知ったのですが、猫山にもボードパークが出来ていました。
200302027






ストレートレールにボックス、テーブルトップとかなり充実!
もちろんオイラはチャレンジしているボーダーを眺めているだけでした (^^ゞ

結局、この1本で最後の体力の全てを使いきりPM3:00に終了。

2日連続ってのはやっぱりキツいなとつくづく感じた1日でした。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ