SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

follow us in feedly

先日、花見山でスノーボードを楽しんだ帰りに寄った新見千屋温泉のお隣に建設中のスキー場を発見しました。

「いぶきの里スキー場」という名前で私も以前、岡山に初の人工造雪機完備(今まで岡山に人工造雪機あるスキー場なかったんですね)のスキー場が岡山県新見市に出来るという話は聞いた事がありましたが、今回立ち寄った温泉でたまたま発見しました。

新見市内から北へ約20分ほどで国道180号沿いにあるのでアクセスの良いところです。

また岡山市内からスキー場まで約100kmほどで高速道路を使わなくても約2時間30分ほどで行けます。

建設中で現段階ではまだまだ情報が掴めていない事が多い状況ですが、備北エリアを中心に活動しているBEATCLUBとしては一大ニュースですのでこれからも取材(多分、様子を伺いに行く程度ですが・・・)して行きたいと思います。

IMG_1806IMG_1810


スキー場建設地にあった看板をデジカメで撮影してきました。

この看板ではリフトは3基で500m級と200m級のペアリフトが2基。400m級のトリプルリフトが1基と書かれています。

リフトを乗り継ぐと最長1,000mほどのコースが楽しめそうです。

斜度は緩やかでどちらか言うとファミリー向けのゲレンデですがスノーボード専用コースもあるという事はハーフパイプやジャンプ台、ボードパークのあるのかもしれませんね(現段階では全く分かりませんでした)。

また私が噂で聞いた人工造雪機も現段階では不明な状況です。
IMG_1808


IMG_1813
建設中のゲレンデを撮影。
花見山の反対側に建設中。
コースは既に出来ている状況でしたが、リフトはまだ設置されていない状況でした。
近所のオバチャンに聞いてみたところ「03-04シーズンのオープンを予定しているのでは?」との事。


IMG_1804
スキー場のお隣には新見千屋温泉があります。
こちらの温泉は以前からあり広い温泉でスキー&スノーボードの後のアフター温泉には最高です。
ちなみに入浴料は800円です。





超一流ブログ SuperBEATCLUB
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

**今シーズン初ナイター!**

今シーズン初のナイターで今シーズン初のホームゲレンデの猫山に行ってきました。

実はメンバーの内、サブリーダーのノリヲは岡山から比較的近い猫山or道後山に一度も行った事が無いというので
それでは是非、連れて行ってあげようと備北エリアの猫山or道後山どちらかに行こうと計画。
今回はオイラ、ノリヲ、ダッチといつものメンバー+ノリヲの学生時代の友人で
現在、松山に住んでいるICAちゃんも参加。

PM1:00に岡山出発の予定で30分前にノリヲと新メンバーのICAちゃんが待ち合わせ場所のオイラの家に到着。
出発の準備をしダッチの到着を待っているが出発予定時間を過ぎても全く来る気配がない。
ダッチの携帯にTELを入れてみると「ゴメン!30分ほど遅刻します!」との事。
仕方なく3人でダッチの到着を待ち予定通り(?)30分遅れで到着。

ダッチの遅刻でPM1:30に岡山を出発。
猫山、道後山共に行き先は同じ方向なので車を走らせながら今日の行き先を決める。

猫山ナイター営業時間 PM5:30~AM0:00
道後山ナイター営業時間 PM5:00~PM9:00

ホームゲレンデである猫山、道後山共に積雪量は十分でしたが、
今年最初のホームゲレンデはやっぱり長い時間滑りたいというみんなの意見でナイター営業時間の長い猫山に決定。
各メンバー共に年末年始に出費が多く金欠病の為、
今回は高速道路を使わず一般国道で猫山に向かう。

昼間出発という事で岡山、倉敷市内で渋滞にハマったりもしましたが、
予定通りPM4:00頃にスキー場のある広島県の東城町内に入る。
年明け早々に大寒波はあったもののここ数日は穏やかな日が続いていたので道路も大丈夫だろうと思っていましたが、
スキー場まであと5kmほどのところから道路に積雪がありました。

今まで何度も猫山には行っていますが毎回道路には「本当に除雪しているのかな?」って思うぐらい
積雪がありワダチが出来てかなり走りづらい状況が続く。
おまけに道路の積雪で道幅が狭くなっている状況にスキー帰りの対向車&スキーバスが多く冷や汗ものでした ^_^;)
200301121






PM5:00前に猫山に到着。
駐車場は滑り終わって帰るお客さんばかりで駐車場は少しずつガラガラの状態になっていきました。
ナイター営業はPM5:30からという事なのでゆっくりと着替え、リフト券を買って営業が始まるのを待つ。

少し待っているとリフトが稼動し始め早速、みんなでリフトに乗り込む。
200301127






本日の積雪量は積雪115cm。
200301122






ナイター営業はゲレンデ中央にある600mと500m級のペアリフトのみ稼動で滑走コースは人工造雪されたメインコースのみ。
また雪質は先週までの大寒波で積雪量は多いとはいえ人工造雪されたコースなのでガチガチの状態。
ただコースの端の方は意外とサラサラでした。
200301124







昼間とは対照的にナイターではお客さんの数もまばらで当然、
リフト待ちなど全くなく一直線のコースでしたがコース幅一杯に使って滑る事が出来ました。

200301123






今日はオイラ・ダッチ組とノリヲ・ICAちゃん組に分かれてすべる事にし、
最近、スピード狂になりつつあるオイラとダッチは猛スピードで降りて来てはリフトに乗りまた猛スピードで降りて来るの連続。
またノリヲ・ICAちゃん組は岐阜県出身でスキー経験の豊富なICAちゃんに今シーズンから始めたショートスキーをノリヲが教わっていました。
ショートスキーの事はオイラは全く無知なのですがさすがショートスキーのベテランだけあってICAちゃんの滑りはかなり上手かったです。
(見ていて上手いなぁ~って思いました)

一直線&お客さんも少ないという条件なのかオイラ達以外のボーダー&スキーヤー達もかなりスピードの出ている人が多く
コースのあちらこちらでクラッシュ&激突する場面を目の当たりにする事が多く、
額を割ってしまったチビッコもいました。
またコースの端っこではスキーの全国大会に出場するスキーヤー達が猛スピードで滑り降りて練習してました。

実は今回オイラは新アイテム「けつパット」を持ってきました。
この年末年始何度か滑りに行きましたが今シーズンはお尻から転ぶ事がやたらと多く
年末年始に転んだ時の痛みがまだ残っている状況で
「今回の猫山でもおしりを強打したらヤバい事になる」という恐怖感でついに購入!
(前日にけつパットを着けて家で仮想シュミレーションまでしてしまいました)
20代前半から始めたスノーボード。
当初は体で覚えるを教訓に激しく転びながら練習していたんですけど
20代後半になってくると激しい激痛は段々と辛くなってきますワ ^_^;
200301125200301126






この「スノーリゾート猫山」ですがゲレンデ(屋外)に自動販売機&ベンチがあり
「ちょっと休憩」って時には板を外さずに自販機を利用出来き、
ベンチに座る事が出来ます。
(常連のオイラはいつもなんの気なしに利用していましたがノリヲに今回初めて言われて他のスキー場にあんまりない事に気付きました)

リフトを10回ほど乗ったところで晩飯タイム。猫山の食堂は2つありますが、
ナイター営業時間は1つの食堂は締まってしまい、もう1つの麺類のみしかない食堂で晩御飯。
今日の晩御飯はしょう油とんこつラーメン。
食堂のおにーちゃんの親指がラーメンのスープに浸かっていたのはご愛嬌か(?)

短い晩御飯休憩を挟んで後半戦スタート。
この時点でまだPM8:30なのでラストまではまだまだ時間はあり、ラストまで滑る予定でしたので各人、スタミナと相談しながら滑る。

屋外休憩所で何度か休憩を挟みましたが、
屋内の休憩所と違って長時間休憩していると体が冷えてきて否応でも体を温めるために滑りたくなるのでまた滑る。
ある意味スパルタでした・・・

今回も何度かお尻から激しく転びましたが「けつパット」の効果はバツグンで全く痛くなかったです!(みなさんオススメです!)

PM11:00頃になるとお客さんの数も数人程度になりほとんど貸切状態になってきました。
コース幅を全開に使って滑りラスト30分は4人でジャンプの練習。
コースの端っこにあったコブを利用してジャンプをする事に。

さすがにベテランのICAちゃんや剣山でジャンプに目覚めたダッチなどはバッチリ決まっていました。
オイラもまだまだへなちょこだけど気持ち良く飛んじゃいました (^。^)

3人に連れれてショートスキー初心者のノリヲは豪快にエアーを決めたものの着地に大失敗し腰を強打!
歪んだ泣きそうな顔で「痛~い!」と叫んでいました。

人の不幸を見て思った訳ではないのですが、ノリヲの歪んだ顔を見て
「20代後半になってきたらあんまりムチャしたらダメだな・・体も老化してくるし・・」
って感じてしまいました。^_^;
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

**BEATCLUB in 四国 Part2!**

2日前に行ったばかりなのにまた剣山に行ってきました。
200301041






今回は年末・年明けと2回行き剣山の魅力にハマったダッチと
高校時代からの友人でボード歴3年目なのにまだ「木の葉おとし」ぐらいしか出来ない
へなちょこボーダーの「スーミー」と、
この年末・年始を白馬で滑り倒したオイラの弟「Ken」の4人で行ってきました。

オイラとダッチ以外は2人共剣山は初めてという事でしたので、それではこの2人も剣山ファンにしてやろうと計画しました。

AM7:30 Ken&スーミーを連れて高知を出発。
2日前同様、ダッチとの待ち合わせ場所である道の駅に待ち合わせ時間10分前のAM8:50に着く。
着いて丁度ダッチから「高松から徳島に抜ける峠で雪が降っていてスピードが出せない。15分ほど遅れるワ」と連絡が入る。
確かに今日は来る途中、高速道路も何箇所か凍結しているところを発見。
香川県も雪が降ったということは・・・今日もパウダーかぁ!?!?と嬉しくなってくる。

予定通り(!?)の15分遅れでダッチが到着。ここでオイラの車に合流して道の駅を出発(またまた道の駅さんゴメンナサイ)。

大嫌いな細いクネクネ道を15kmほど走り山道に入っていく。
2日前は既に道路に積雪のあった個所が今日は道路に雪がない。
「あれ?おかしいな?もしかして昨日の雨で雪が解けたの?」と不安になりながら第1ヘアピンカーブにさしかかる。
ここでも路面に積雪はなく少しずつ不安になってくる。
「もしかして昨日までの雨でゲレンデの雪も解けているのかな?」「今日は大寒波が来るとか言ってなかった?」と車内の中は不安ムード一色に・・。

第2ヘアピンから少しずつ路面に雪が残り始める。
そして第6ヘアピンあたりでは明らかに前回来た時よりも路面に残っている雪の量が多い事を確信してやっと
「今日は絶好のコンディションだよ!」と車内が不安ムードから一変、ドキドキワクワクムードになる。

少し遅いAM10:15にスキー場駐車場に到着。
第1・2・3駐車場は既に一杯で仕方なく広めの道路の端に止める。
気温は今日も寒くマイナス7度でした。また駐車場を見渡す範囲では明らかに前回より積雪が多かったです。

駐車場到着後、着替えを済ませロッジでリフト券を購入していざリフトへ。
と、ダッチの姿がなくトイレなどを探していたが見当たらない。
少し探していると不機嫌そうな顔をしながら「今日、ヤバい」とダッチが一言。
訳を聞いてみるとどうやらロッジに入った瞬間に腰に激痛が走り立っているのもままならないぐらいに腰が痛くなったとの事。
とりあえず痛みが治まるまでロッジで休憩しているとの事で仕方なく3人でゲレンデに行く事に・・。
200301042200301043






本日の雪質は予想通り前回以上の最高パウダーでオイラ的には年末に行った高鷲SPよりも良かったです。(ダイナには負けるかな?)
年末・年始に白馬に行っていたKenも「今日の剣山の方が雪質は白馬よりも良かった」と言ってました。

今日は少し遅い出勤だったのでリフトは既に5分ほどの待ち状態でした。(PM2:30以降はリフト待ちナシの状態になりました)

ダッチを除いた3人でリフトに乗り込みまずはウォーミングアップも兼ねて初心者コースへ。
年末から痛めている右足カカトの状態も今日は大丈夫なので軽く滑り降りる。
そしてkenが後ろをがついてように降りてきて来て、1分ほど後にスーミーがやっと降りてくる。
スーミーは今シーズン初滑りとはいえ遅すぎる!
まして今シーズンでボード歴3シーズン目のベテランが何故「木の葉おとし」しか出来ないのか疑問に思い、
リフト2本目からは「BEATCLUBスノボー教室」と題してスーミーのスノボーレッスンを開始する。
後ろに人の気配を感じると恐くてうまく滑れないとの事なので、
ほとんどだれも滑っていないコース(リフトを降りて右側のコース)で練習をする事に。

スノーボードを始めた頃は誰もが経験するスピード恐怖症の慢性的な患者がスーミーで
スピードが出るとヘッピリ腰になりうまくターンが出来ずに転んでしまう。
「慣れるよりまず慣れろ!」がモットーのBEATCLUBレッスンを元にスーミーが転びまくる事7・8回。
なんとかターンも出来てくるようになりました。

時間もお昼を過ぎたのでお昼休憩を3人で取る。
ダッチはロッジにはいなくどうやら滑りに行った様子。
200301044






休憩の時に初めて気付いたのですが、剣山スキー場はスタンプラリーなる物があり3回・5回来れば500円OFF券プレゼント、
また7回来れば1日券プレゼントとなんともありがたい事してました!

お昼ご飯を食べて午後からまた滑り始める。
200301046






リフト待ちしているとダッチが現れ、「腰はまだ痛むもののなんとか滑れるから滑るよと」と気力で滑ってました。

ダッチとは別行動で3人は午後から人がほとんどいないコースでジャンプ大会!
誰かが作ったあろうジャンプ台を利用してジャンプしまくり!
もちろんヘナチョコボーダーの集まりなので肩や頭・背中から落ちまくるが雪質がパウダーなので「スボッ」っと埋まる程度で怪我はありませんでした。
200301045200301047








そうこうしている内に時間もリフト運行終了時間のPM4:30が来てタイムアウト。
リフト&コースが短い分、ガンガン滑って時間を忘れさせてしまう魅力がある剣山スキー場でした。

また腰痛に悩まされていたダッチはエアーにも前回ほどのアグレッシブさは全くなく。終始辛い顔をしていました。

スキー場を後にし、ダッチとは道の駅で別れ高知まで国道で帰りました帰りはず~っと雪が降り続き、珍しく高知市でも雪が降っていました。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ