SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

follow us in feedly

**BEATCLUB サブリーダー「ノリヲ」のレポートです**

大学時代の友人と一緒にスキーに行く事を計画。当初は大山辺りに行く予定でしたが、
大学時代の友人とその彼女がスキー&スノーボード初心者の為、
傾斜のなだらかな「ひるぜんベアバレースキー場」へ行く事になりました。
今回のスキー計画は僕と僕の友達とその友達の彼女という正直、僕にとっては非常に居心地の悪いものでした・・・

朝6:00に倉敷を出発し高速「岡山道」->「中国道」->「米子道」を乗り継いで8:00到着。
200212311






本日の天候はあいにくの曇り空。気温はさほど寒くはない。
心配の雪質は数日前までBEATCLUBリーダーのTakaと一緒に行ったダイナランド&高鷲SPのパウダーを実感してきたばかりなので
さすがにサラサラとはしていないが十分滑りごたえはありそうな感じでした。
先週末まで寒い日々が続いていたので積雪もまずまず良好(60cm)。

このひるぜんバレバレースキー場はリフトが1基しかなくまた高速道路のインターから降りて5分と好アクセスの為、
ハイシーズンになると激混みし僕も去年来た時にはリフト30分待ちを喰らった経験があり
「今日も混んでいるのかなぁ・・」と心配していたのですがそんな心配は全くなかったです!
駐車場到着時点で車が5台しかなく、「もしかして今日はお休み??」と思わせるぐらいガラガラでした。
(結局、帰る時もPM2:00で30台くらいしか止まっていませんでした)
200212314






もちろんリフトもガラガラでリフト待ちは全くナシ!!ゲレンデもほぼ貸切状態!
200212313






レストハウスもガラガラ!!

天候も到着時には雲が広がっていましたがしばらくすると晴れ間も見えてくる絶好のコンディション!
200212315






遠くには中国地方屈指の山、「大山」が遠くに見えて最高でした!

今回はお邪魔虫の為、今シーズン購入したファンスキーの猛練習で気ままに滑ってきました。(かなりファンスキーの練習が出来た!)

友人達が疲れたという事で早々とPM2:00に撤収。
リフト待ちが無かった分、かなり滑ったのでオツカレサマ。
そして帰りの車中は僕の必殺技の爆睡(今回はカップルの邪魔をしちゃ悪いから存在を消す為に無理やり寝てました(^^ゞ

あまり良いイメージのなかった「ひるぜんベアバレースキー場」、今回でチョッピリファンになっちゃいました!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

BEATCLUBサブリーダーであるノリヲと2人っきりの「奥美濃方面スキー&スノーボードツアー」の続き。後半戦です。

前日、寝る前にノリヲと明日はどこのスキー場に行こうか話し合い、
早く起きれればAM4:00から営業を行っている「鷲ヶ岳スキー場」に、
もし寝過ぎてしまったら日本最大級のゴンドラリフトのある「高鷲スノーパーク」に行こうと話をしていたが、
実は2人共内心こんなにウキウキ気分なのに寝過ごすはずがないよね~っと思っていたので
当然、朝の4時に起きて「鷲ヶ岳スキー場」に行くと思っていました。
寒さ対策もバッチリで夜、目が覚める事もなくグッスリ寝てしまいました。。。

まだ辺りが薄暗い時間、タイヤチャーンを装着して走る車の「チャラチャラ・・・」という音に耳が反応してオイラは目が覚めました。
辺りが真っ暗なのでオイラの頭の中ではAM3:00ぐらいかなと思っていましたが、
時計を見てビックリ!もうAM6:30ではありませんか!!
となりではノリヲが大きな口を開けて寝ているので速攻起こして
寝ぼけながら本日の緊急作戦会議を開いて結局、「高鷲スノーパーク」に行く事にしました。
200212301






朝の6時半だというのに道路は既にゲレンデに向かう車で混み合っている状態。
「さすがスキー場の多い地域だなぁ~」っと関心しながら高鷲スノーパークの駐車場に着く。
起きて5分ほどで駐車場に到着しましたが3,500台収容出来るジャンボ駐車場は既に3分の2が車で埋まっている状態。
また駐車場から眺めるゲレンデも大きく後で分かったがこの高鷲SP西日本最大級の広さのスキー場との事でした。
200212307






またレストハウスも巨大で建物の横幅がかなりありました。
食堂もかなり大きかったですよ!(オイラ達は食堂でご飯食べてないけど見ただけです・・・)

さて、駐車場に着いてまずは腹ごしらえで朝っぱらからお菓子をむさぼりながら缶コーヒーを飲む。
200212302






昨日の夜から降り続いていた雪は朝まで降り続き20cmほどの積雪ぐらいまでなりました。
駐車場に到着しても雪は降り続いていましたが、
遠くの空は青空が見えはじめてきていたので雪がやむまで待っていようと車の中で着替えを済ましました。

車の中で少し待っていると雪がおさまってきたのでいざゲレンデへ。
今日は昨日と比べて気温的にはそれほど寒くははなかったです。
ただ朝の8時だというのにゲレンデは既にかなりの人で混み合っていました。リフト券を買っていざリフトへ。

この高鷲SP、日本最大の15人乗りゴンドラ(全長2,700m)を中心に
4人乗りグワッドリフトが3基とリフトの本数こそ少ないが輸送力はバツグンのゲレンデでなのです。
また3基のリフトも全て1,000m以上の長さで2基のリフトを乗り継げば5,000m級のロングコースを楽しむ事が出来る非常に長いコースの多いゲレンデです。
また上級、中級、初心者全てが楽しめるバランスの取れたコース作りがされているなぁ~っと滑って感心しました。
200212304200212303






オイラ達はまず最初にこのゲレンデの目玉であるゴンドラリフトに乗ることにしました。
既にかなりのゴンド待ちの列が出来ていましたが
そこは15人乗りゴンドラだけあって5分ほどの待ちですぐさま乗り込む事が出来ました。
(昨年は5分のリフト待ちでもイライラしていたのに最近大人になったのかな??)
200212305






ゴンドラに乗って外を見ていると少しずつ青空も広がってきてすぐお隣のダイナランドのリフト&ゲレンデもハッキリ見えてきました。
(ダイナの方は比較的空いていたみたいでした)

長~いゴンドラリフトを降り足慣らしの為にまず最初はビギナーズコースにチャレンジ。
かなりなだらかなコースだが滑走距離が長いので十分楽しむ事が出来る。

本日の雪質は昨日のダイナランドとと同様にパウダースノー。
圧雪はしているのだろうが朝まで降り続いた雪でかなりサラサラで滑りづらい個所もありました。
またお昼を過ぎてコースに自然とコブが出来てきて非常に滑りづらい部分もありました。
積雪量は山頂で170cmとの事。
200212306






ビギナーコースを滑り降り続いてグワッドリフトに乗り込む。
昨日の疲れがかなり足に残っている感じで足の裏が少し痛む。
ただ昨日負傷した小指やカカトは今のところは大丈夫。
慣れてくれば足の裏の痛みもなくなるだろうと思い続いては中・上級コースに挑む。
「このコースは楽しいんじゃない?」とノリヲも張り切っていて一緒に滑り降りて行く。

途中、コースの半分過ぎを滑走中、昨日負傷した右足カカトの痛みが再発する。
また右足裏の痛みもだんだんと大きくなっていく。
「これは今日はヤバいかも・・・」
と思いながらなんとか滑り降りてきたが右足は即死状態。
ノリヲに痛む足の話をするが「滑っている内に治るんじゃないの?」と素っ気無い返事が返ってくる。
「確かに俺一人で来ている訳じゃないからあんまりワガママは言えないな」と思い
とりあえず痛む足を引きずりながら次のリフトに乗る。
また中・上級コースにチャレンジするが痛みはさらに激しさを増しここでノリヲに
「ゴメン本当にもうヤバい!早いけどとりあえずお昼にしようよ」と提案。
ロングコースばかりなので3本しかリフト&ゴンドラ乗っていないのに既に時間はAM11:00。
少し早いお昼は昨日同様、一旦車に戻りカップラーメンとお菓子の貧乏昼ご飯。
車の中でノリヲと話をするが昨日の疲れはやはりノリヲにも出ていたみたいでノリヲは太ももが筋肉痛で痛いみたいでした。

20代も折り返すと体は少しずつ老朽化してくる訳で
「もう若くないんだから・・・」と午後からは痛む足を気遣ってなだらかなコースで滑る事に決めました。

PM12:00をちょっと過ぎた頃からまた滑りを再開。
なだらかと言ってもやはり傾斜は傾斜なので痛むカカトを気遣いながら滑っているとエッジを効かす事が出来ずに何度も転び思いっきりお尻を強打もしました。
(もちろん次の日は強烈な筋肉痛にも襲われました。ここまで思いっきり転びまくったのは3年前の広島「芸北国際」に行った時依頼ですわ。。)

ゆっくりゆっくり滑り少しスピードが出れば転倒しを何度も繰り返している内に時間もPM3:00を過ぎノリヲが
「もう限界かも・・・次ラストにする」と弱音を吐く。
最初から足が痛かったオイラは当然「そうだね。次ラストにしよう」と弱音を受け入れました。

最後はこのツアーの締めくくりとしてちょっぴりキツめの中・上級コースに挑む事にしました。
午前中は1度滑ったコースでその時には雪もサラサラで転んでも痛くないぐらいでしたが、
午後からはコースのいたる所がコブになっておりまた雪もカチカチのアイスバーン状態になっていました。

急斜面がオイラのカカトに激痛を走らせ転べばお尻に激痛を走らす・・・まさにラストの1本は地獄のようでした・・・

足の痛みとの戦いで今日はスノーボードを楽しむ事は正直出来なかったんですが
コースの長さやリフト&ゴンドラの輸送量はすごいなぁ~っと思いました。
足が痛くない時にまた着てみたいです。

PM4:00 2日間お世話になった岐阜県高鷲村を出発。
200212309






さすがスキー場が乱立する場所だけあって帰りの高鷲村は軽い渋滞。
村唯一のコンビニは大繁盛でした。
愛知県の一宮市までは国道を通り(この日は東海北陸道は事故渋滞で激混みしていたみたいです)一宮からは名神->阪神高速と姫路バイパス(途中、姫路パーキングで仮眠を取りました)を乗り継いで30日AM9:00岡山に到着。
2人で割り勘しながら行きましたが2日間リフト代も合せて1人、わずか2万円強で済みました。
中国地方では味わえないゲレンデ規模、ハーフパイプなどスケールの大きさや良好な雪質、
また天候にも恵まれて快晴時の見晴らしには感動しまくりでまた行ってみたいと思います 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

約1ヶ月前に新車を購入した記念として我がBEATCLUBのサブリーダーであるノリヲと計画していた。
奥美濃方面ボードツアーを決行しました。
以前乗っていたFIATの「Panda」と比べると新車は車内がかなり広く
「これだったら車中泊も出来るのでは?」と野郎2人っきりでの2泊3日のツアーを組みました。

今年の仕事納めの12月28日。夜8時に仕事を終え早速、準備を行い
29日AM0:00BEATCLUBの本拠地(?)のある岡山をノリヲと一緒に出発出発。
2人遠足気分で食料、お菓子もバッチリ買い込む。
何を思ったのかノリヲは1週間分ぐらいの大きなお菓子袋を持ってた・・・
姫路バイパス、阪神高速、名神高速、東海北陸自動車道を通りダイナランドのある高鷲ICで下りる。
昨日までの寒波でかなり道路に雪が残っているのではと心配していたが、
道路には全く雪はなくインターを降りた辺りにも5cm程度の雪はあるものの
除雪は完璧で道路に雪は全くない。
200212291200212292






逆に「もしかしたらスキー場にも雪はあんまりないのかな?」とノリヲと一緒に不安になったが
ゲレンデに到着するとそこは一面雪化粧。
200212293







今までに志賀高原、野沢と近畿から東のスキー場は2度しか行った事のないオイラだが期待が膨らむ。
ちょっと遅めのAM8:00に到着したがスキー場の気温はマイナス9度!
「寒~い」と声を揃えて恐る恐る外に出て雪を踏んでみると「ギュー」っと音がする。
これは間違いなくパウダースノーの音だと嬉しくなり急いで着替えゲレンデに行く。

本日の天気は快晴でまさにスキー日和!リフト券を買いゲレンデに出てみると
既にガンガン滑っているボーダー達もいたがお客さんの数はそれほどいない。
早速リフトに乗り込みデジカメで写真撮影。
雲一つない青空が広がり遠くには北アルプス(?)が見る事が出来た。
200212294200212295






ダイナランドは全部でリフトが7基(たしか??)あり
内3基が4人乗りグワットリフトで輸送力もバッチリ!
リフトに乗って気付いたがダイナランド内にDJブースがありそこからゲレンデ全てに音楽やトークなどを流しており音楽もバッチリ!
200212297






さて本日の雪質ですが、ちょうど良い圧雪具合で硬くもなくまたサラサラ過ぎて
滑りずらい事もなく中国地方では味わえない「ギュギュ~(文章では表現しづらいけど)」って感じでした。
もちろん雪もたっぷりあり山頂の積雪150cmでした。

コースの方ですがムチャクチャ長いコースは無く
ロングコース好きな人には物足りないかもしれないですが、
初級者に毛の生えた程度のオイラには程良い長さです。

滅多に味わえない雪質で朝から滑りまくり!
もちろん相棒のノリヲも大満足!
お昼前からリフト周辺で5分ほどのリフト待ち混雑になってきたので少し早いお昼休憩。
今回、お湯を沸かす為にポットを持参してきたので車でお湯を沸かし持ってきたカップラーメンをすする。
なにぶん貧乏旅行なので本当はカツカレーを食べたかったんですが
1100円が出せなくてラーメン&お菓子でお昼を済ませすぐさまゲレンデに戻ってまたひたすら滑りました。

午後からは少しずつリフト待ちの列が長くなってきましたが
短気なオイラでも待てない程のレベルではない程度。
先週の瑞穂ハイランドのゴンドラ待ちで待つ事に慣れたのか??

リフトに乗っている時に巨大ハーフパープを発見!
200212296






本日は積雪が足りなかったのか走行出来ず人工造雪基で造雪していました。
ダイナに来て思ったのが男の子はもちろん女の子もみんなボードが上手なのでハーフパープに挑戦しているところが見れなかったのでチョッピリ残念・・

PM3:00 を過ぎノリヲが「そろそろ足が痛くなってきたね・・」と弱音を吐き出す。
実はオイラもハリキリ過ぎて右足の小指とカカトに違和感を感じていたが
こんな雪質滅多に味わえないので限界まで滑ろうと思いノリヲに「足が折れてもラストまで滑るぞ!」とカツを入れる。
PM3:30過ぎ、滑走中に右足カカトに激痛が走る。激痛の感覚で「あっ!もうこれはダメだ」と感じ
ノリヲに「ゴメン!右足がヤバいから今日はこの辺でお終いにしよう。明日もあるし・・・」と情けない提案。
もちろんノリヲは苦笑で「分かったよクソリーダー!」と言われてしまった・・・

ゲレンデを降りブーツを脱ぐと痛んでいたカカトは皮がめくりあがり身が見えている状態で靴を履くと激痛が走る。
小指の方は痛いが赤くハレている程度でそれほどでもなかったです。

とりあえず本日の滑りは終了で近くの「湯の平温泉」に行き
ゆっくりと温泉につかり今日の疲れを癒して隣にあった食堂で晩御飯を食べる。
もちろん昼に食べたくても食べれなかった「カツ丼」を食べました。

食堂を出た時には日も暮れ辺りは真っ暗になり雪がちらつき始める。
本日の寝床を探し寝床スポットを道の駅に決め車内をオヤスミルームに変身させる。
(この時点では明日の滑走ゲレンデを決めていなかったのでとりあえず道の駅にしました)
あらかじめ準備していたDVDビデオ「オーシャンズ11」を車の中で2人で見て
PM10:00
「寝る前にちょっとオシッコしよっ」と外に出てビックリ車の上にかなりの雪が積もっているではありませんか!!
200212298






「これは明日も期待出来る!」っと胸をドキドキさせながら就寝。 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ