SuperBEATCLUB

MacユーザーなのにAndroid大好きな変態サイコ野郎が岡山より発信するダラダラブログでございます。 皆様、お付き合いのほどよろしく( *´艸`)

follow us in feedly

昨年夏から始めたジョギングは2019年になってもまだまだ続いておりまして。
と言いますか、更にジョギング熱が高まっている私

最近では同じ場所ばかり走ってると飽きてくるので、走るコースをあちこち変えているんだけど、今回 初のジョギング遠征をしてきました。



ジョギングする為だけに自宅から30km近く離れた笠岡市までやってきました。

今回、私が走ったコース、なかなかいい感じだったのでちょっとご紹介します。


まずスタート地点は「かさおか太陽の広場」
参考:かさおか太陽の広場|観光スポット|またたび笠岡。[笠岡市観光連盟]
https://www.kasaoka-kankou.jp/spot/240
2019 01 18 10 24 13
この公園、笠岡湾干拓地の締切堤防沿い約3kmに及ぶ横に長い公園でして、公園内に全長3kmの舗装されたコースがありジョギングには最適。

では、行ってきます!

2019 01 18 10 28 16
公園内には芝生広場や、ローラースケート場、BMXコースがあり公園を見ながら走ってても飽きないのが良いですね。
また公園の反対側には一面田園地帯が広がっており、薄っすらと牛糞の匂いがするのも新鮮な感じでした。


3kmほど走り、かさおか太陽の広場を抜け次に目指すのは神島大橋
遠くに見えるあの橋を目指します。
2019 01 18 10 46 09
笠岡湾を見ながら走るのは気持ちいいですね。

普段自宅周辺で走ってる時には海や川を見ながら走る事なんて無いので、海を眺めながら走ってると気持ちが落ち着きます。


緩い上り坂を登って神島大橋に到着。
2019 01 18 10 50 48


橋の上から金網越しに笠岡市街に写真を1枚パシリ。
2019 01 18 10 51 01
若干、金網が邪魔なんだけど、橋の上から見る景色はなかなかいいですね。

また今日はお天気も良かったから遠くの福山方面も見えたので絶景でした。


神島大橋を下り、途中住宅街を走ります。
2019 01 18 10 57 59
歩道も整備されているので住宅街を走っても良いんだけど、せっかく笠岡に来てるんだら笠岡湾を見ながら走りたい。

って事で笠岡湾側に向かうと湾に沿った緑道公園にやってきました。
2019 01 18 11 00 25
この公園、美の浜緑道公園って公園らしいけど、公園というよりかは緑道ですね。

海を間近に見ながら走るのはとても気持ち良く、普段であれば5・6km走ってると少し疲れが出て来るんだけど、疲れを感じる事無く走ちゃってました。
若干感じる潮の匂いもまたいい感じですね。

また写真は撮れなかったんだけど、笠岡諸島の島々に向かう定期船を見ることも出来ましたよ。


美の浜緑道を越えると次は十一番町緑道
参考:十一番町緑道 - 笠岡市ホームページ
https://www.city.kasaoka.okayama.jp/soshiki/28/2060.html
2019 01 18 11 07 35
右側の木々の向こう側が公園になっており、芝生広場や子供が水遊び出来る広場がありました。

今回、平日だったので遊んでる家族は少なかったですが、休日には家族連れで賑わうのかもしれませんね。


しかしこう海沿いを走ってると若干飽きてくるなぁ・・・( *´艸`)


十一番町緑道を超えると見えてきたのはフェリー乗り場
2019 01 18 11 21 57 2019 01 18 11 21 30
ここから笠岡の島々へ向かうフェリーが出るみたいですね。

私は笠岡諸島の島々には行ったこと無いんだけど、聞くところによると海は綺麗で魚料理が美味しいらしいので一度は行ってみたいですね。


フェリー乗り場を越え、さらに進むと遠くに橋が見えてきました。
2019 01 18 11 29 03
何ていう名前の橋か分からないんだけど、あの橋を渡ればスタート地点の「かさおか太陽の広場」に着きます。


橋を渡りきりゴール!
っと言いたいところなんだけど、距離的に若干物足りなさが…
2019 01 18 11 33 48
というのも、走る前に全長15kmぐらいのコースだと勝手に思ってたんだけど、実際に走ってみると11kmほどしかなくあら?もう終わり感がしちゃったんですよね。


なので、お隣の笠岡総合運動公園の外周を追加で走ることにしました(笑)
2019 01 18 11 35 35 2019 01 18 11 35 32
べいふぁーむ笠岡マラソン大会ってマラソン大会が来月行われるようですね。
参考:第22回べいふぁーむ笠岡マラソン大会 | おかやまマラソン2018
https://www.okayamamarathon.jp/?om_race_db=%E7%AC%AC%EF%BC%92%EF%BC%91%E5%9B%9E%E3%81%B9%E3%81%84%E3%81%B5%E3%81%81%E3%83%BC%E3%82%80%E7%AC%A0%E5%B2%A1%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%A4%A7%E4%BC%9A-2
エントリーは既に終わってるようだけど、今年はマラソン大会にでも出てみようかと密かに考えてますよ( *´艸`)


てな事を考えながら笠岡総合運動公園の外周を走り本日のジョギング終了。
2019 01 18 11 49 15

想定していたよりも少し短いコースだったんだけど、海を眺めながら走る爽快感は最高でほぼ疲れを感じる事無く楽しく走れました。
またお天気に恵まれたのも良かったです。


また機会あれば走りたいですし、次はジョギングの笠岡グルメも堪能したいと思います。






人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

SuperBEATCLUBを定期的に見て頂いている方であればこの方が誰か分かりますよね?

スクリーンショット 2019 01 18 08 01 10

そう、プラスワン・マーケティングの増田薫社長がスマホ業界にカムバックしてきましたよ。


プラスワン・マーケティングと言ってもピンと来ない方もいるかもしれませんが、FREETELと言えばお分かり頂けるかもしれませんね。

その昔、佐々木希をCMに起用して「ニクキュー♪」なんてやってたあの会社の元社長さんですよ。

一時は派手に事業展開やってましたが、業績不振に陥ると楽天とMAYA SYSTEMに事業を譲渡し本人は表舞台から消えちゃいました。


そんな増田さんがこの度、新会社「TAKUMI JAPAN」を立ち上げ再スタートだそうです。


増田さん時代の旧FREETELといえば、私 この方の新製品発表会のプレゼンに感銘を受けFREETEL 雷神を購入したんですよね。

ただこの雷神がダメダメでして、購入して半年ほどで買い替えた私のスマホ人生で唯一の地雷端末でした。
参考:【購入して今更後悔】FREETEL雷神を1ヶ月少々使ってみてヒシヒシと感じるダメなところ : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51908204.html

その旧FREETEL時代の社長だった増田さんがスマホ業界に戻ってくる。

戻ってくるなー!!

と言いたくなるところですが、個人的には温かく見守りたいなって気持ちです。


プラスワン・マーケティング社の民事再生。
そして自己破産。
我々が知らないところで増田さん 相当な苦労をされたんでしょう。

それでもまたスマホ業界に戻ってくるって余程、スマートフォンが好きなんでしょうね。

一度の失敗でもめげずに再度チャレンジする人ってきっといつか凄い製品を作ってくれるんじゃないかと個人的には思うんですよね。

だから増田さんには頑張ってもらいたいですし、陰ながら応援したいなぁなんて思います。


ん?
TAKUMI JAPANからスマートフォンが発売されたら購入するか?

いやぁ〜当面はパスかな(汗)



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

昨年、私が読書をするキッカケとなった金色天化。

参考:【Amazon Primeで映画も小説も無料】「金色天化」読了 : SuperBEATCLUB
http://ad.liblo.jp/archives/51955098.html
何度も同じことをブログで書いてるんですけど、ホント面白い作品なんですよ。

続編の天化爛漫や、シリーズ最終作の宵闇天化も金色天化に負けず劣らず面白かったので他の作品を読みたい!
と、著者ヤマダマコトの別作品を読もうと思い借りたのが今回の本。


今回紹介するのはヤマダマコト著のヤルダバオートの聖域。

ヤルダバオートの聖域 (新潟文楽工房)
新潟文楽工房 (2018-09-09)
売り上げランキング: 8,284


2016年秋、新潟県三条市下田の山中で、キャンプ中の大学生グループがクマに襲われる事件が発生した。
それが騒動の始まりだった。

目撃証言によると全長2メートル以上。本州に生息するツキノワグマとは思えない大きさに人々は動揺する。
7年前にも発生した同様の事件、かつてこの地域に存在した第3セクターのテーマパーク――。
そして、人々の間に広がっていた噂。


行政や警察が混乱し、奔走する中、クマによる次の事件が発生する。
一連の事件の間に横たわる意外な真相、そして、市街地で起きていた違法な買春斡旋事件との奇妙な繋がり。
浮かび上がる、そこにいるはずのない偽神(ヤルダバオート)。
岡山からやってきた研究者・蓮見和哉と、熊殺しに執念を燃やす女ハンター・白倉明日香。
奇妙な絆で結ばれた2人が人食いグマに対峙する。
金色天化同様に舞台は新潟県。
秋田県や青森県で数年前に実際に起きた事件(山菜採りに山に来ていた人が熊に襲われるという事件)がモチーフにされているらしいです。

ネタバレになるので内容についてはここでは書きませんが一言で言うと。

素晴らしい作品!


物語の序盤・中盤の少し重い展開から後半の怒涛の展開。
空き時間で読み進めてたんだけど、後半は物語の最後が気になり一気に読んじゃいましたよ( *´艸`)


また個人的に嬉しいのは私の住む倉敷が本作に出てくるんですよ。

しかも我が家の超近く!
日頃の生活範囲圏内のことを細かく書かれてて「おぉ〜この作者よく知ってるなぁ」なんて関心しちゃいましたよ。


金色天化もそうでしたが、今回のヤルダバオートの聖域も実際の街の雰囲気が物語の中に入り込んでるなぁと感じました。
(新潟県に行ったこと無いんだけど こんな雰囲気なんだろうね)

Google Mapのストリートビューで街の様子を見ながら進めていくと更に本作を楽しめるかと思うのでオススメです。

実際 私も三条市や下田地区、JR燕三条駅とストリートビューを駆使して歩き回りましたからね( *´艸`)


今回紹介したヤルダバオートの聖域、Kindle Unlimitedに加入していれば無料で読めます。
Kindle Unlimitedに加入していなくても360円の超激安!

間違いなくコスパ高い作品でマジでオススメですので機会があれば是非読んでみて下さい。



人気ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ